So-net無料ブログ作成
イギリスあれこれ ブログトップ
- | 次の10件

早朝の避難訓練 [イギリスあれこれ]

さて、いきなり質問です。

朝の5時にいきなり火災報知器が鳴ったらどうしますか?

今朝、私の住んでいる寮で抜き打ちの避難訓練(Fire drill)がありました(イギリスで地震が起こることはまず無いので常に火災時の避難訓練)。全く、このサイレンがうるさいの何の!寝てるところを起こすくらいじゃないといけないのは分かっているのですが、気持ちよく寝ているところをたたき起こされて、良い気分な訳がありません。とりあえず窓の外を見て煙が出ていない=訓練であることを確認して、同じ階の子と「1階まで降りようかやめようか」とちょっと相談しちゃいました。だって、朝の5時の外は寒いんだもん!!(^_^;)

       今朝まじめな学生達が集まったオンボロな寮の入り口       
      
     (オレンジの文字は大学40周年記念に貼られた「大学調査の名回答」の一つ
       
「来た、見た、じゃ行こうか」(笑)←「来た、見た、勝った」が元ネタですね)

続きを読む


nice!(1)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イギリスの夏は散歩に最適! [イギリスあれこれ]

今日もイギリスは良い天気に恵まれて、朝から綺麗な青空が広がっています。ようやく夏本番になってきたんでしょうか。天気が良いのはとても嬉しいのですが、私の部屋は東向きなのでカーテンを閉めていても朝4時ごろからまぶしくてまぶしくて大変です(苦笑)だんだん慣れてきて8時ごろまで寝れるようになりましたけど、日照時間が長いのも考えものですね。

私の住んでいるコルチェスター(Colchester)最高気温25度前後が「夏」のようです。かなり乾燥しているので、はっきり言って日陰は半そでだと寒いくらいですが(笑)最近はまっているのが、月並みですが「散歩」。午後はちょっと暑くなるときもありますが、午前中は常に20度位の気温なので、散歩するのにはもってこい!最近良く聞いているドイツ歌曲の中の、ヒューゴ・ヴォルフ(Hugo Wolf)散歩(Fussreise)」なんて聞きながら大学の周りの公園を歩けば、今日は何か良いことがありそう♪という軽やかな気分になれます。この歌、メーリケによる詞がまた素敵なんですよ~。歌詞の日本語訳を載せてくださっているページはこちら


 大学案内図・赤線の中が公園です

続きを読む


nice!(0)  コメント(17)  トラックバック(3) 
共通テーマ:日記・雑感

別れの季節 [イギリスあれこれ]

いよいよ6月ですが、イギリスの大学では6月は別れの季節でもあります。なぜかって?いわゆる学年末のテストが6月中に終わり、その後はすぐ夏休みに入るからです。

つまり、最終学年(こちらでは3年生)の学生や私のようなマスター(1年間)の大学院生、そして留学生はもう大学にいる必然性がなくなっちゃうんですね~。当然留学生のほとんどは大学の寮から出て行くし、いつもはやかましい学部生もまさか夏休みに大学に来る訳も無いので、一気に寂しくなりそうです。今日はフランスから1年間留学していた友達2人とお別れ会を兼ねて飲んできました(といっても大学のバーで1杯だけですが…)。私は幸か不幸か修論の締切りが9月なのでまだあと3ヶ月は大学内の寮に居ますが、寮生も減ってなかなか静かな生活になりそうな予感…キッチンが汚れなくなると良いな~。(後始末をしない困ったチャンがいるんですよ^_^;)

大学の学生連合からは、「夏休み、キャンパスはつまらないからボランティアに参加してみない!?」等のお誘いメールがいろいろ来ますが、多分そんなことしてる余裕は無いでしょう(苦笑)というか、エンターテイメントの都ロンドンまで1時間なんだから、暇があったらロンドンに遊びに行くってば!そして舞台を見て、美術館に行って、日本の食材を買って、たっぷり心に栄養を補給して帰ってくるのさ~。あ、普通に資料探しにも行かないといけないんだった(笑)ここ数日苦労していた甲斐があって、何だかいけそうなテーマが見えてきたので、週末には修論を書き始めてみようかと思っています。長いようで短い(と言われた)2万語ですからね、ちゃんと計画立てて書かないと!頑張るぞ~。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「EU憲法」暗礁に… [イギリスあれこれ]

5月ももう終わりなんて、月日のたつのは早いですね!最近は特に修論のテーマを決めるために資料ばっかり読んでいるので気がつくと1日が終わっちゃいます。しかもアイディアはまとまらないし(苦笑)

そんな私の苦痛を分かち合うかのように、イギリスが頑張って作ったEU憲法もフランスで行われた批准の可否を問う国民投票であっさり否決されてしまいました。すぐにオランダでも国民投票ですが、そこでも事前調査では「反対」が圧倒的多数を占めているとか。イギリス、というか一生懸命率先して憲法作成に携わったトニー・ブレア(Tony Blair)首相は大ショック!(笑)ちなみに、今週のエコノミスト誌(The Economist)はブラックユーモアの効いた表紙を採用してます。左の写真ではちょっと見難いですが、「ヨーロッパへの歌(ラ・マルセイエーズのメロディーで:フランス語又はオランダ語)」という見出しの下、ラ・マルセイエーズの楽譜…に「Non non non non non...(いや、いや、いや、いや…)♪」とルビがふってあります(笑)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

良い天気! [イギリスあれこれ]

  

今日は久しぶりに風もおさまり、ぶらぶらと散歩したくなるような快晴でした。う~ん、良い気分です。私のいる大学は広~い公園のど真ん中にあるので、この季節は花や新緑がとても綺麗でただ散歩するだけでも楽しい♪学生達は湖畔や草の上で日光浴やサッカーをしながら夏(といってもまだ気温17度くらいですけど)を楽しんでいます。学部生はまだ10代ですもんね~、若い若い(苦笑)

続きを読む


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

イギリスのビール [イギリスあれこれ]

もし、飲み屋に入ってぬるくて泡の立たないビールが出てきたら、皆さんどうします?

「そんなのはけしからん!」という方、イギリスに来てビールを飲む時は、必ず「ラガー(lagar)」と指定して注文してください。さもないと…

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

最近のマイ・ブーム(4):ジョナサン・ロス [イギリスあれこれ]

 今日は久しぶりにマイ・ブームに戻って、イギリスで知らない人はいないテレビ・パーソナリティーのジョナサン・ロス(Jonathan Ross)をご紹介します。(英語のバイオグラフィーへは名前からどうぞ)

作り笑顔炸裂 正しいイメージ→

もちろん日本では全く無名ですが、こっちのテレビではクイズ番組の回答者をやったり、BBCに映画紹介番組「フィルム2005(FILM 2005)」や人気トークショー「フライデーナイト・ウィズ・ジョナサン・ロス(Friday Night with Jonathan Ross)」を持ってたり、ラジオのパーソナリティーだったり、毎年「ブリティッシュ・コメディー・アワード(British Comedy Awards)」の司会をやったりと、まあ一体何者なのか、未だに良く分からない人だったりします。何せ最初はコメディアンだと思ってたくらいだからなぁ(苦笑)

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

イギリスの携帯電話 [イギリスあれこれ]

5月にはいって、日照時間がものすごく長くなってきました。日本を考えると、こっちの夏と冬の日照時間の差は本当に激しいです。とにかく夏は夜の9時頃までずっと明るいのに、冬は午後3時にはさっさと暗くなり始めますから(笑)最近は「お腹が減ったな~」と思ったらもう夜8時だった、なんてことはざらです。

今日はイギリスの携帯電話に関する雑感を書いてみようと思います。

               

続きを読む


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

アメリカ英語とイギリス英語 [イギリスあれこれ]

日本はゴールデンウィークですね。イギリスも今日はバンク・ホリデー(Bank Holiday)と呼ばれる月曜だけど休みの日です。なぜバンクなのかは諸説あるようですが、詳しいことは面倒なので調べていません(笑)イギリスの英語は色々と不思議な部分が多くて面白いですよ~。時にはむかつきますが(笑)ということで、今日はそんなイギリス英語をちょっとご紹介します。日本でもアメリカ英語とイギリス英語は違うという話をきくと思いますが、イギリスに来ると日本はアメリカ英語の国だな~と痛感します。発音もそうですが、何よりも単語自体が違んです。日本でいうなら、標準語「とりはだ」=関西弁「さぶいぼ」くらい違うので、単語を知らないと「?」で頭がいっぱいになっちゃいます。こういった違いは日常生活で使う単語に多いので、アメリカ英語を勉強してきた人達には余計厄介なんですよね。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

イギリスの桜にひとこと! [イギリスあれこれ]


ロンドンのイーリング(Ealing)の住宅地にある桜。

今日はasis2005さんのブログ、「イギリス生活 写真でつづる英国」のイギリスの桜についての記事に触発されて、私なりにイギリスの桜について書いてみようと思います。意外に思う人も多いと思いますが、イギリスにも桜はいっぱいあって、春になると一斉に咲いてくれます。ロンドンのリージェンツ・パーク(Regent's Park)には立派な大木がいっぱいありますし、上の写真のように普通の民家の庭に植わっている木も多くて、ちょっと道を歩くだけで春の気分を感じることが出来たりします。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
- | 次の10件 イギリスあれこれ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。