So-net無料ブログ作成

ブリテン「戦争レクイエム」CD発売日決定&新インタビュー [Keenlyside]

4月11日にケンブリッジでのコンサートに出演したサイモン・キーンリーサイドですが、歌曲とミュージカルナンバーを非常にリラックスした状態で歌っていたそうです。今月の仕事はバーデンバーデンでのコンサートを残すだけですが、昨年収録されたブリテンの「戦争レクイエム(War Requiem)」のCD発売日が5月7日に決定したようです。共演歌手はイアン・ボストリッジ、指揮はジャナンドレア・ノセダ(Gianandrea Noseda)でロンドン交響楽団(London Symphony Orchestra)の演奏ということで、かなり質の高い演奏になっていると思います。ブリテン好きの方にはきっと注目の録音でしょう。私はブリテンは好きじゃないのですが、公演の評判もよかったので、ぜひ購入して聞いてみようと思います。ちなみに、amazonではmp3形式でも販売します。このページから視聴もできますので、興味のある方はぜひ聞いてみてください。

◆ロンドン交響楽団のCD販売ページ

ちなみに、昨年のPROMSでのメンデルスゾーンの「エリヤ(Elijah)」もCD化を待っている状態ですが、4月17日にBBC Radio 3で音源が再放送されるようです。詳しくはこちらから。

それから、今年の7月にリサイタルを行うグレンジ・パーク・オペラ(Grange Park Opera)のウェブページに、軽~い感じのインタビューが載りました。このインタビューシリーズ、他の歌手のものも各自性格が出ていて結構面白いです。

◆WARM WOOLLEN MITTENS...SIMON KEENLYSIDE (BARITONE)

[キーンリーサイドの回答まとめ]
1.最も好きな機械は?・・・トラクター。あれ1台ですごく色々できて凄い。
2.史上最も重要な発明は?・・・車輪かな?
3.一番好きな弦楽曲(歌なし)は?・・・いつでもベートーベンの交響曲第7番。
4.今一番好きな都市は?・・・都市は苦手だけど、ニューヨークでは幸せに過ごせる。
5.舞台前のゲン担ぎは?・・・公演前は静かで落ち着いた1日を過ごすようにしている。
6.一番会話をしたい故人の作曲家は?・・・フーゴ・ヴォルフ(Hugo Wolf)とウィーンの森を散歩したいね。
7.今までで最高の電車旅は?・・・ウェールズのスウォンジー(Swansea)からラネッリ(Llanelli)、フェリーサイド(Ferryside)を通ってカルマザン(Carmarthen)終着の路線。
8.カンフーパンダとラタトゥイユ、どっち?・・・カンフーパンダ
9.1083年, 1492年, 1897年のうち、どの時代に行ってみたい?・・・一番世界が未開の時代に行きたいから、1083年。
nice!(0)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 7

Kinox

Sardanapalusさま、こんにちわ! Keyakiさまのところから飛んできました。
わたしもカンバーバッチ好き、です、ふふふ。

Sardanapalusさま、はキーンリサイドファン? この戦争レクイエムは同じめんつで10月にNYCに来てくれました。ノセダ&NSOも、オーウェンが乗り移ったみたいなボストリッジ先生も、個人的には作品を離れてちょっとうっとりしてしまった(笑)キーンリサイドも素敵だったし、合唱団がとにかく素晴らしかった。CD出るのを知らなかったので、教えていただいて大感謝!です。これは絶対買い、ですわ。

> フーゴ・ヴォルフとウィーンの森を散歩したい
あたしはあなたのヴォルフを生で聴きたい、です!(笑)

Sardanapalusさま、今後もキーンリサイドやホットなイギリス陣のお話をしたいです。わたしの方にブックマークさせて戴いてよろしいでしょうか?
by Kinox (2012-04-16 05:36) 

Kinox

NSOじゃなくてLSOでした、失礼いたしました。
by Kinox (2012-04-16 05:47) 

Sardanapalus

Kinoxさん>
>わたしもカンバーバッチ好き、です、ふふふ。
ふふふ(^^)日本ではなかなか見られないのですが、この前は日本でも放送してくれるミス・マープルにゲスト出演してくれて嬉しかったです。シャーロックも評判良いですし、これからどんどん活躍してほしいですね。

ご指摘の通り、私はキーンリーサイドのファンです。このLSOの「戦争レクイエム」、ロンドンとNYで公演したんですよね。コリン・デーヴィスが体調不良でノセダに交代したんでしたっけ。ロンドンの新聞評が絶賛だったので、かなり期待しています。KinoxさんにCD発売をお知らせできてよかったです!

>あたしはあなたのヴォルフを生で聴きたい
全く同感です!!!!!そろそろヴォルフの歌曲CDも出してくれないかなぁ。

ブックマーク、ぜひぜひお願いします。私のサイドバーにもKinoxさんのブログを登録させてくださいね☆イギリス関連の話題で盛り上がりましょう(笑)
by Sardanapalus (2012-04-16 22:16) 

Kew Gardens

>Wolfの歌曲
結構、リサイタルでは歌ってくれるのですけれど。 7月のMunichのリサイタルでも歌いますよ。 とりあえずは3年前のWigmore Hall live CDでがまんかなぁ。
by Kew Gardens (2012-04-17 02:30) 

Sardanapalus

kew Gardensさん>
>>Wolfの歌曲
>結構、リサイタルでは歌ってくれるのですけれど
そうですよね。本人も好きって言っているのに、歌曲集がないのはどういうこと!?(^^)Wigmore Hall LiveのCDは貴重ですね。もし歌曲集CDの企画があるなら、ぜひヴォルフかブラームスでお願いしたいものです。
by Sardanapalus (2012-04-17 21:04) 

Kew Gardens

さっそく到着したCD聞いてみましたが、緊張感あふれる演奏で、ライブの雰囲気は感じられるのですが、なぜかボリュームあげても音量が控えめ。 ちょっと欲求不満になりそうです。 ほかのCDだとこんなことないのですけれど。 余計に会場で聞いてみたい! 気分になってしまいます。 
ところで、KeenlysideのBiographyがちょっと面白いです。Bass-baritone(将来の話?)にはじまり、レパートリーとか、歌ったことのあるハウスとか、決してまちがいではないでしょうけれど、一体いつの話かしら? って。
by Kew Gardens (2012-05-08 23:19) 

Sardanapalus

Kew Gardensさん>
もう届いたのですね。相変わらず地方在住者には遅れて届くようで(^^)まだ聞けていません。

>なぜかボリュームあげても音量が控えめ
MP3音源を買った人も、音量が小さいと文句をつけていました。もともとの音量設定を絞っているようですね。音質に拘ると収録音量が小さくなる、と昔聞いたことがありますがどうでしょう?

私も、早く面白Biographyを見ながら素敵な演奏を聴きたいです。それにしても、いつの間にBass-Baritoneに?(笑)前はROHのウェブサイトでTenorって書かれてましたっけね…。
by Sardanapalus (2012-05-10 15:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。