So-net無料ブログ作成

キーンリーサイドの新譜を聴きました:ブラームス歌曲/シューマン「詩人の恋」 [Keenlyside]

[10月4日追加]

10月3日のBBC Radio 3Building a Libraryという番組でこちらのCDからブラームスの2曲('Verzagen''Lerchengesang')が紹介されました。10月10日までオンデマンドで聴けますので、こちらのページから'Listen'をクリックしてiPlayerを立ち上げてください(19:00辺りから)。

また、10月5日のIn Tuneという番組にキーンリーサイドがゲストとして登場するそうです。いつも音楽とは関係のない話題でぐだぐだになってしまうインタビューが今回も楽しみです(^_^;)いや、今回はCDの話題で盛り上がってくれるはず!と期待しておきましょう。こちらも放送後1週間はオンデマンドになりますので、明日以降にこちらのページをチェックしてください。

それから、BBC Music Magazineの批評が、いつも素晴らしいSimonkeenlyside.infoに載っています。パフォーマンスに関しては★★★★★ということで、最高評価を貰っています。ちなみに録音レベルは★★★★、やっぱりこの方もちょっと不満みたいです(^_^;)



このところキーンリーサイドの記事ばかりですが、なぜかまとまってくるときはくるんですよねぇ。奥さんのゼナイダ・ヤノフスキーは今日本で踊ってますが、なんと第2子を妊娠中だそうです。全然知りませんでしたがおめでとうございます~。キーンリーサイドはきっとロンドンでオーウェン君の世話をしながら遠距離電話でまめに連絡をとっていることでしょう。



Dichterliebe/Lieder

Dichterliebe/Lieder

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Sony Classics
  • 発売日: 2009/09/14
  • メディア: CD


さて、イギリスのSONYのCDなのにイギリス発売より先に日本で発売されてしまっている不思議なCD「ブラームス歌曲/詩人の恋」の批評がMusicalCriticism.comにでました。★★★★ということで、かなり好評ですね。私もかなり気に入っているので嬉しい評価です。

MusicalCriticism.com: Schumann: Dichterliebe; Brahms: Lieder★★★★
BBC Music Magazine★★★★★

ちょっと笑ってしまったのは、この批評家が録音音質が理想的でないため第一印象が良くないけれど、聴いていくうちに耳が慣れてくると書いているところ。何を隠そう、私も最初にこのCDを聴いたとき「ピアノ遠い!音響も何だか不思議だなぁ」と感じたのです。しかも、聴き進めていくうちにその違和感が無くなっていくと感じたのも同じ(^^)まあ、聴いているうちに気にならなくなるからいいんですけどね。
いつもリサイタルでも盛りだくさんのプログラムを組むキーンリーサイドだからか、このCDにもブラームスの歌曲が16曲と「詩人の恋」を収録ということで、演奏時間は76分を超えています。はっきり言って長いです(^_^;)なので、私は全てを通して聴くよりも私はブラームスの歌曲だけ、または「詩人の恋」だけというように分けて聞いています。

知らない曲が多いので楽しみだったブラームスの歌曲たちですが、特に'An eine Aeolsharfe'は私好みのロマンティックなブラームス節が全開でとても気に入りました!亡き弟を偲ぶメリケの詩がまたいいんですよ~。この詩にはヴォルフも曲をつけていてそちらも名曲ですが、個人的にはブラームスの方が好きですね。この曲を知ることが出来ただけでもCDを買った甲斐がありました(^^)

一方、ラジオ放送で2度ほど聴いていた「詩人の恋(Dichterliebe)」の方ですが、やはりCD録音の今回の歌唱が一番神経が行き届いているように感じます。ラジオ放送されたものよりも、より「若さ」を感じさせる歌唱で感情表現が豊かという印象を受けます。特に'Ich Grolle Nicht'は、ラジオ放送では一歩ひいたような抑え気味の歌唱がサイコっぽくてちょっと怖かったのですが、CDの方では彼女への怒りを素直に歌っていると思います。やっぱり「詩人の恋」の主人公にはこういう青臭さが欲しいですね。

一応新譜ということで、9月17日のBBC Radio3のIn TuneでこのCDの中からブラームスの'Von ewiger Liebe''Abenddaemmerung'が紹介されました。この番組は1週間オンデマンドで聞けますので、ちょっと聞いてみようと思う方はこちらのiPlayerからどうぞ。音源の1:49:30をすぎた辺りから曲の前フリが始まります。そのほかの曲についてはamazon.co.ukのページで全ての収録曲の一部を試聴できます。なぜか曲の途中を抜粋しているので曲のよさがあまり伝わらないですが、そういうシステムのようですので仕方ないですね。
nice!(0)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 14

momo

インフォのTwin Spiritsの動画も見たら欲しくなったので、Amazon.cp.jpと.comを比較したんですが、日本でも安いんですね。一時的に在庫切れってなってます;;;。でも注文しとこうっと!!

ところでTwin Spiritsの動画に最初に出てくる俳優さん、とっても有名な方で、あちこちで見たことあるんですが、なぜか名前が浮かばないんです;;。自分でDVDをひっくり返して調べたらイイのでしょうが、、、。済みません、あの方のお名前、何でしたっけ?そうだ、カドフェルにもなってましたよね~。Jonathan Firth目当てに買ったDVDに出てた、、、、て今探すのですが、どこに置いたんだったか、、、;;。
by momo (2009-09-21 09:43) 

Sardanapalus

momoさん>
>日本でも安いんですね
そうなんですよ。日本のウェブ上の価格は非常に購入者思いなんです(^^)海外のサイトからだと消費税が引かれますが送料がかかるので、私は毎回どこで買うのがお得か比較してしまいます(^^)

>一時的に在庫切れ
まだ発売前ですけどね(^_^;;;)発売されれば入荷すると思いますよ~。

>Twin Spiritsの動画に最初に出てくる俳優さん
はーい、彼はデレク・ジャコビ(Derek Jacobi)です♪イギリスの誇る名優の一人ですね♪前にこちら↓でkeyakiさんにも「カドフェルですね」って言われました(^^)
http://sardanapalus.blog.so-net.ne.jp/2009-05-24
by Sardanapalus (2009-09-21 23:05) 

momo

そうでした。Derek Jacobi(^0^)。Sardanapalusさん、ありがとう~!!確かお嬢さんもあちこちに出てますよね(彼女の名前も忘れてる;;)。

>>一時的に在庫切れ
まだ発売前ですけどね(^_^;;;)発売されれば入荷すると思いますよ~。

私のコメントを読むとどうみてもTwin Spiritsの事ですよね;;。すみません、詩人の恋の事です。‘一時的に在庫切れですが、商品が入荷次第発送します’って赤で書いてました。 

>そうなんですよ。日本のウェブ上の価格は非常に購入者思いなんです(^^)

日本語字幕が付くと急にお値段が2倍にも3倍にもなるんですね;;;;。まあ、途端にマーケットが狭くなるからムリもないのかも知れませんが、、、。

そうだ!!また赤ちゃんが生まれるんですね~。めでたいめでたい!!って年子さんなのかしら?ゼナイダさんてファーストソリストあたりまでしか見てなかったので、あまり印象に残ってないんですが、、、。



by momo (2009-09-22 09:16) 

Sardanapalus

momoさん>
>詩人の恋の事
そうでしたか。ほんとだ、在庫切れですね。でも、またすぐ入荷すると思いますよ。

>日本語字幕が付くと急にお値段が2倍にも3倍にも
最初から日本語字幕もつけてもらえば良いのに、とオペラファンの間で何度も話題に上っているのですが、改善される雰囲気はないです。私はよっぽど安くない限り日本版を買うことはないですね。

>また赤ちゃん
どうやら年子ですね。その方が育児で休む時間も少なくて済むからでしょうか。

>ゼナイダさんてファーストソリストあたりまでしか見てなかった
私は既にプリンシパルになってからしか見たことがないですが、マノンとかスワンとか、非常に印象的でした。
by Sardanapalus (2009-09-22 19:36) 

momo

>どうやら年子ですね。その方が育児で休む時間も少なくて済むからでしょうか。
私は御主人が歳だから焦ってるのかな~、、と思いましたよ~(^0^;)。この赤ちゃんが20歳になる頃にはお父さんは70歳?急がなくっちゃ!!(^0^)

イレーヌ・ジャコビ(目出度く思い出しました!)ってデレクさんのお嬢さんだと勝手に思ってたけど、もしかしたら違うかも、、、、。名字が一緒だし、フランス系美人だし、、。
by momo (2009-09-23 06:45) 

Sardanapalus

momoさん>
>御主人が歳だから焦ってるのかな~
わはは、それもあるでしょうねぇ。本人も、「子供が成人するときには俺おじいちゃんだけど、欲しいんだよね」とインタビューで言ってましたから。

>イレーヌ・ジャコビ(目出度く思い出しました!)ってデレクさんのお嬢さんだと勝手に思ってたけど、もしかしたら違うかも
思い出されて良かったです。この部分は私にはピンとこなくて(^_^;)実はデレク・ジャコビはゲイですし、名前から考えても彼女はフランス人=無関係かしらと思います。
by Sardanapalus (2009-09-23 22:20) 

momo

さっきBBC3のインタビューを貼り付けてくださってたのに気づいて聴きに行った(今聴いてるところです)のですが、キーンリサイドの話声を聴くのは初めてで、、、あんまり長いし;;、、、、飛ばし飛ばしして最初気づかずアラーニャとガランチャのカルメンのとこまで行ってしまいました;;。アラーニャ、最近素敵になりましたよね。てらいがなくなって自然体になった(☆0☆)。

ROHでもMETと同じカルメン・ホセのキャストでするんですね。ガランチャ、外見が‘らしくない’と思ってましたが、アラーニャがナヴァーラ人は金髪もアリ、カルメンもナヴァーラのジプシーというコトで、、とか言ってたから私も気にしない事にします(^0^)。

ヴォチェックの話してましたね。インタビュアーがヴォチェックのキャラをどう捉えてますか?と訊いたら、彼が低い声でゴニョゴニョと早口で言ったのはちょっと聞きとれませんでした;;。19分36秒くらいのところです。何ていってるのかしら?

ブラームスの歌曲の話も続いてるけど、Time upです。長いわ~(^0^;;;)
by momo (2009-10-09 21:36) 

Sardanapalus

momoさん>
>キーンリサイドの話声を聴くのは初めて
バリトン歌手なのに高めの声ですよね。毎回面白いIn Tuneのインタビューですが、今回もリラックスした雰囲気で、若い頃のダブリンでのリサイタルで靴が脱げた話とかまで飛び出していますのでぜひ最後まで聞いてみてくださいね。

>ROHでもMETと同じカルメン・ホセのキャストでする
そうそう、元々こちらはガランチャと、METはゲオルギューと夫婦共演で、というキャスティングだったんですよね。ガランチャの金髪の話は私もなるほどと思いながら聞きましたが、とりあえずROHでは黒髪のカツラをかぶっていますよ(^_^;)

>低い声でゴニョゴニョと
"In ten seconds, Sean?"と言っているようですね。「おいショーン、それを10秒で説明しろって?(無理言うなよ)」というようなニュアンスでしょう。DJのショーン・ラファティとはいつも忌憚ない会話を交わしている仲なので、こういうリスナーの存在を無視した一言も多いんですよ(^^)
by Sardanapalus (2009-10-09 22:42) 

momo

>"In ten seconds, Sean?"と言っているようですね

PC本体のボリュームを上げたら聞こえました(^0^ PCオンチ;;;)。今ボリュームを上げてヴォチェックのところを聴き終わったところなのでまだ靴が脱げた話のところまで行ってません(^^;;)。ちょっとずつ、、、、、(^0^、これ、途中で止めたら今度はそこからちゃんと始まるんですね~。かしこ~い!!)
by momo (2009-10-10 09:06) 

Sardanapalus

momoさん>
この音源が聞けるのはあと3日ですので、気をつけてくださいね。

>途中で止めたら今度はそこからちゃんと始まる
iPlayerで一番嬉しい機能だったりします(^^)便利ですよね。
by Sardanapalus (2009-10-10 11:31) 

momo

相変わらず飛ばし飛ばしですが、ダブリンで靴が脱げて拍手の間に取りに行った話もガランチャのカツラの話も聞きました(^0^ボリュームを上げたらよく聞こえるようになりました。)

ガランチャとアラーニャのカルメンのデュエット、今まで聞いた事あるどの版よりも緊迫してるというか感情をむき出しにしてるというか、、。目が覚めるカンジでした(^0^)。




by momo (2009-10-11 10:06) 

Sardanapalus

momoさん>
このIn Tuneという番組、ゲスト達がリラックスしているのでいつも面白いエピソードが登場します。楽しんでいただけたようで紹介した甲斐があります!

>ガランチャとアラーニャのカルメンのデュエット
どうやらこの音源は1964年のカラスとゲッダの録音のようです。いずれにせよ気迫たっぷりで確かに目が覚めますね(^^)今回のカルメンは24日にBBC Radio3で放送予定だそうです。
by Sardanapalus (2009-10-11 13:23) 

momo

そういえばゲッダって名前も聞いたような気がしますが、カラスは全然気づいてませんでした(^0^;;)。あやふやなヒヤリングだな~;;;。1964年て言ってましたっけ?(^^;;注意力散漫ですね~)

このCD(ですよね?)買おうかしら、、、。
by momo (2009-10-11 21:32) 

Sardanapalus

momoさん>
かくいう私も最初はアラーニャだと思って聞いていました(^_^;)

>このCD(ですよね?)買おうかしら
おそらく↓のCD音源ですね。amazonのページですが、各トラックのタイトル名に力が入っていてちょっと笑ってしまいます。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%93%E3%82%BC%E3%83%BC-%E6%AD%8C%E5%8A%87%E3%80%8C%E3%82%AB%E3%83%AB%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%80%8D%E5%85%A8%E6%9B%B2-%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%82%B9-%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2/dp/B000O78YHA/
by Sardanapalus (2009-10-12 22:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。