So-net無料ブログ作成

アイルランド旅行記2009(3):モハーの断崖、バレン高原 [旅行]

さて、アイルランド西部に来たならぜひ行かなければいけないのがモハーの断崖(Cliffs of Mohar)と遺跡がいっぱい残っているバレン(Burren)高原です!

モハーの断崖の方はとにかくアイルランドの西の端ということで、断崖絶壁が見事な自殺の名所景勝地です。カフェや土産物を売っている観光センターもあり、ちょっとした資料館のようなものもありましたが、私は2キロくらいの遊歩道をぶらぶらと歩き回りました。風が強くて大変でしたが、崖と野草と海の組み合わせが何ともアイルランドらしくて、1時間ほど写真をとったり海を眺めたりしながら過ごしました。これで天気が良ければ文句なしでしたが、どんよりとした曇天でも雨は降ってこなかっただけでもマシだったと言えるでしょう。
風は強くても絶景です





海を満喫したら今度は陸地、という訳でもないですが、モハーの断崖からそう遠くないバレン高原では、「巨人のテーブル」と呼ばれているプルナブロン・ドルメン(Poulnabrone Dormen)と、中世の円形要塞兼住居カハーコネル要塞(Caherconnell Stone Fort)へ行きました。

何を隠そう巨石好きな私、以前カルナック遺跡へ行ったことを記事にしましたが、今回のアイルランド滞在の目的その2が、プルナブロン・ドルメンへ行くことでした。余りに有名な遺跡なので、行ってみると「な~んだこんなものか」と感じてしまうという話を良く聞きますが、私は大丈夫でした!ストーンヘンジなどとは違いかなり近くまで寄れますし、自分のペースでじっくり見て回れたので元々の土をかぶっていたであろう状態に思いを馳せながら堪能できました。

向こう側が古墳の入り口のようです

元々被せてあった土が流れ去って石室の枠組みだけ残っています





バレン高原にはこうした巨石文明の遺跡も点在しているのですが、他にも様々な遺跡が残されています。その中でも、円形の要塞の遺跡数は非常に多く、円形の盛り土だけが残っているようなものや、林のようになってしまっているものも合わせて45,000ほどが残されているのだそうです。すごいですね。そのなかでも、今回訪れたカハーコネル要塞は保存状態も素晴らしく、ビジターセンター、カフェ(食べ物は全て手作り!)、紹介ビデオなども整えられた遺跡です。ここの凄いところは、1000年頃に建てられた外壁や住居跡の石組みがまだかなり残っているという点で、紹介のビデオでも当時の生活の様子などをじっくりと解説していました。他の要塞と違ってこんなに保存状態がいいのには当然理由があって、実は17世紀ごろまで居住スペースとして使用されていたのだそうです。やはり人が住み続けると手入れもしますものね。

この要塞遺跡を更に特異なものにしているのが、2008年の発掘で発見された先史時代の住居跡です。この住居跡は非常に素晴らしい保存状態で残されているのですが、中から出土した陶片などから判断すると、紀元前3700年頃に作られたものらしいのです。つまり、上のドルメンとほぼ同時期の遺跡なんですよ!いや~こういうのは歴史好きにはたまらないです!!(^^)今後も調査は続くそうですので、どんな発見があるのか楽しみに待ちたいと思います☆

外壁は本当にきれいに保存されています


こちらも素晴らしい先史時代の住居跡

nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

itoko

素晴らしい遺跡ですね!
保存状態が良くて、ビックリしました。
私は、巨石好きというわけではなかったのですが、日本の遺跡に触れて、大きなものは大きいというだけで、もう既に神々しいものを感じるなあ・・・と気付いたことをきっかけに、とても興味を持つようになりました。
大きければいいというのではなく、そこまで大きなものを作り上げた先人の思い、込められた祈り、そして数々の辛苦を想像すると、やはり自然に手を合わせずにはいられないのです。
私の唯一の海外旅行で、案内して下さった、ローマの遺跡も忘れらせません。
先人と同じ物に触れているような、空気を一瞬共有するような不思議な感覚は、とても心を美しく、謙虚にしてくれる気がします。
アイルランドの方々が、とても歴史を大事にされていることを知り、感動しました。
素敵な旅行記をありがとうございます。

しかし、寒そうですねえ・・・。
曇り空も、思い切り、私のイメージのアイルランドにピッタリです。
私は、カイロがいるなあ・・・と思いながら、写真を眺めておりました(^^)

by itoko (2009-08-21 10:40) 

Sardanapalus

itokoさん>
>大きなものは大きいというだけで、もう既に神々しいものを感じる
本当にそうですね。こういう遺跡を見て回るたびに何トンもある石を運び、こうした建造物を建てる人間の意思の力を強く感じずにはいられません。itokoさんに気に入っていただけて、旅行記を書いた甲斐があります。

>私は、カイロがいるなあ
まさかそこまでは寒くない、と言おうと思いましたが、冷え性のitokoさんには確かにカイロがあったほうが嬉しい気候だったかもしれません(^_^;)
by Sardanapalus (2009-08-21 19:12) 

momo

私ももう数年前になるかな、、、。アイルランド北半分をレンタカーで廻りました。東海岸は結構晴れてましたが、西の方に廻ると天気が悪いですね;;。

それでもグレンヴェーでは晴れてたのですが、ドニゴール、バレンと進むうちにだんだん寒々しくなってきて、、、、。土砂降りになりました;;。

モハーも行きました。日本では信じられないあっさりした防護柵(別に日本風が好きという訳ではありませんが^^)ですね。絶壁の上で肝試しなのか若い子達が腹這いになって下を覗き込んでました。こっちの下半身がスースーしたわ;;。
by momo (2009-08-23 15:04) 

Sardanapalus

momoさん>
旅行記へのコメントありがとうございます。そう、やはりアイルランドの西海岸で好天を期待するのは難しいですね。今回の旅行では土砂降りにはならなかったのでマシでした(^^)

>絶壁の上で肝試しなのか若い子達が腹這いになって下を覗き込んでました
今はmomoさんが行かれた当時よりも防壁がしっかりと巡らされているので、覗き込めなくなってるんですよ。どうやらよっぽど崖がもろくなっているようです。私はぜひやってみたかったので残念でした!(笑)その代わり?というか、覗き込みはドゥーン・アンガスの方でやりました。気持ちよかったですよ♪
by Sardanapalus (2009-08-23 21:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。