So-net無料ブログ作成

演劇「冬物語」と「櫻の園」@The Old Vic [演劇]

映画監督サム・メンデス(Sam Mendes)が演出を担当し、イギリスとアメリカの俳優を同じ舞台で共演させるThe Bridge Projectの2本立て芝居の公演を見てきました。演目は、シェイクスピアの「冬物語(The Winters Tale)」とチェーホフの「櫻の園(The Cherry Orchard)」です。

まず、最初に見たのは「冬物語」の方でした(あらすじはWikipediaへどうぞ)。演出のコンセプトは、シチリア=イギリス、ボヘミア=アメリカへの読み替えというものでしたが、特にボヘミアの方は読み替えが非常に面白くはまっていたと思います。それから、シチリア人はイギリス人俳優、ボヘミア人はアメリカ人俳優が演じるというのも、舞台セットがシンプルなものだったのでアクセントの違いで状況が判断できて便利でした。ただ、ボヘミアと比べてシチリアの描写はイマイチ焦点が定まらないというか、特にイギリス風とは言えないような漠然としたセットだったのが残念でした。

そして次に見た「櫻の園」の方は、イギリス、アメリカ両方の俳優達が入り乱れてトム・ストッパード(Tom Stoppard)が英訳したロシアの戯曲を演じる、ということが話題になっていました(あらすじはWikipediaへどうぞ)。こちらもセットはシンプルでしたが、衣装はロシアを意識したセンスのいいものでした。ただ、演出上は特に戯曲のロシアっぽさを感じさせる部分がなかったので、ロシア名で呼び合っていることに違和感を感じてしまいました。だって、英語しゃべってるし、時々アメリカ風のリアクションが出てくるんだもの…(^_^;)そうそう、楽しみだったストッパードによる英語訳ですが、非常に面白くて生き生きとした翻訳でしたし、この戯曲のコメディの要素を最大限に引き出して退屈させませんでした。
俳優達の中で特に注目していたのは、イギリスの誇る舞台俳優サイモン・ラッセル=ビール(Simon Russel Beale)と映画俳優イーサン・ホーク(Ethan Hawke)の2人でした。ラッセル=ビールは今回も相変わらず素晴らしい存在感でした。彼の手に掛かれば、どんな難しい台詞でも分かりやすく面白く聞こえるから不思議です。「冬物語」でのレオンティーズが嫉妬に駆られる場面も後悔する場面も圧倒的でしたが、役としては「櫻の園」のロパーヒンの方が楽しそうに演じていました。やはりちょっとでもおふざけ要素のある役の方が彼の魅力が出るようです。それから、映画での演技は大好きですが舞台ではどうなるかと思っていたホークは、意外にも「櫻の園」のトロフィーモフ役よりも、「冬物語」のごろつきオートリカスの方が似合っていたと思います。見るからに怪しい服でギターをかき鳴らしながら歌ったり、誰でも隙あればスリまくったり、といった映画で演じるようなかっこいい役とはイメージの違うならず者をむっちゃくちゃ楽しそうに演じていました。

女優陣の方は、「冬物語」ではきりっとしまった芝居のポーリーナで脇を固めてくれたのがシニード・キューザック(Sinead Cusak)ですが、彼女の「櫻の園」のラネーフスカヤは性格づけにずっと違和感を感じながら見ていました。反対に、「冬物語」では違和感アリアリのハーマイオニーだったレベッカ・ホール(Rebecca Hall)が、「櫻の園」では静かな存在感のあるワーリャを好演していたり、とどちらの演目でも何かしら気になる部分があり、作品を手放しで楽しむまではいきませんでした。

ただ、違和感はあっても演技自体は非常にレベルの高いものでしたし、端役に至るまで意識の行き届いた演出がされていたと思います。イギリス人とアメリカ人の俳優がアクセントもそのままに同じ舞台の上に立っているのを見るのは新鮮な体験でしたし、全体として大絶賛とまでは行かなくても、見ておいて損はない2本立て芝居だと感じました。個人的には、「櫻の園」の方が戯曲からしても好みでしたね。これからもこの面白いプロジェクトが続くといいと思います。


☆The Bridge Projectに関する動画☆


ラッセル=ビールのBBC Radio 4でのインタビュー(舞台音声有)

レベッカ・ホールのインタビュー(舞台映像有)


おそらくThe Bridge Projectの記者会見より、イーサン・ホークの発言の抜粋


ステージドアでサインをするキャスト達

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。