So-net無料ブログ作成

「セヴィリアの理髪師」公演終了:最後までハプニング続き [オペラ(音源・映像・その他)]

18日に最終日を迎えたロイヤル・オペラハウスの「セヴィリアの理髪師(Il Barbiere di Siviglia)」ですが、開幕前から続くどたばたは、なんとこの日までも続いていました(^_^;)

もともと、この日はセカンドキャストのコリン・リー(Colin Lee)がアルマヴィーヴァ伯爵を歌う日で、個人的にはフローレスとの聞き比べを楽しみにしていました。ところが、開幕前にマネジメント部門のお姉さんが登場し、ディドナートの車椅子のことを説明する…かと思いきや、「残念なことに」と言い出すじゃないですか。

…まさか?また何かあったんですか?

コリン・リーが風邪のため、残念ながら今日は歌わずに演技だけします」
(心の声:ええ~~せっかく楽しみにしていたのにぃ)
「彼の代わりに舞台袖から歌うために、初演で伯爵を歌ったトビー・スペンスが駆けつけてくれました!
(心の声:えええええ~~~~~まさかのトビー君!?キャーー☆)

左:スペンス 右:リー


代役がスペンスということで、最後の"Cessa di piu registere"のアリアがカットされることが早々に分かってしまったのは残念でしたが、それ以上に久しぶりにスペンスの声を聴けることの方が嬉しくて、開演前から変にテンションが上がってしまい困りました(^^)はっきり言って舞台上のリーの姿はあまり覚えていません(笑)だって、伯爵の登場場面は大根演技のリーじゃなくて歌っているスペンスの方ばかり見ていたから…。スペンスは本当に急な要請に応えてくれたらしく、譜面を必死で追いながらの歌唱でした。出だしの高音がふらついたり、イタリア語の発音が英語なまりだったりしましたが、次第に調子も上がってきて、昼の12時半からの公演に急遽出演することになったにもかかわらず満足のいく歌唱を披露してくれたと思います。声色を変えて歌ってくれた兵士と音楽教師に扮した場面などは4年前の初演の様子を思い出したりしました。

伯爵以外の歌手達もいままでの公演と変わらない素晴らしい演技と歌唱で聴衆を楽しませてくれました。そうそう、途中、バルトロのひげをそる場面で「目にごみがはいった!」とフィガロが騒ぎますが、そこで何かがつぼにはまってしまったスパニョーリが1分ほど笑いをこらえながら歌っていたのが可笑しかったです。シリアスな場面じゃなくて良かったですねぇ(^^)


指揮者は、心配の余り白髪になったパッパーノではなく、Paul Wynne Griffithsです


7月に入ってからキャンセルのオンパレードだったロイヤル・オペラハウスですから、この最後のオペラ公演日までマネジメント部門は大忙しだったことと思いますが、彼らはファンのことを最大限考慮した、非常に優れた対応をしてくれたと思います。また来シーズンもこのように手際よくマネジメントを進めて欲しいですね。それにしても、この日初めてオペラを見に来た人は、主役カップルが口パクと車椅子という、なんとも不思議な状況をいきなり見せられてどう思ったでしょう?また見にこようと思ってくれたかしら(^^)
nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

ロンドンの椿姫

びっくりしましたよね、この最後の日の代役騒動には。
でも、もちろんトビーの大ファンの私は涙が出るくらい嬉しくて、うっとり聞き惚れっ放しでした。私、セヴィリアは今回これで4回目なので、週末に出掛けるのめんどくさいなあ、とかぶつぶつ言いながら行ったのですが、いや~、これ程来てよかったと思った日はないですね。

トスカのゲオルギューも幸い2回観られたし、これ程の人を調達できるのであれば、来シーズンもどんどん代役騒ぎで楽しませて欲しいです。
by ロンドンの椿姫 (2009-07-20 08:42) 

Sardanapalus

ロンドンの椿姫さん>
>びっくりしましたよね、この最後の日の代役騒動には。
びっくりしましたよ~。心の中では絶叫するくらいの嬉しい出来事でした(^^)椿姫さんも、4回目にトビー君が聞けて、本当に良かったですね☆

>トスカのゲオルギューも幸い2回観られた
そうそう、この代役探しも上手かったですね。来シーズンもこの調子でファンを楽しませて欲しいですね。
by Sardanapalus (2009-07-20 19:17) 

keyaki

>コリン・リー
って、全くしらないし、この衣裳と顔というか頭が全然ちぐはぐで合ってないので、演出家が演技?と思いました。
一日だけなら、気合いで歌えばいいのに....こういう場合ギャラはどうなるのかしら.....
トビー君が代役でちゃんと舞台上で歌うわけにはいかなかったのかしら。開演時間をちょっとずらすなりして。
by keyaki (2009-07-21 16:00) 

Sardanapalus

keyakiさん>
>この衣裳と顔というか頭が全然ちぐはぐ
なぜか、彼はカツラ無しで、それが更にちぐはぐでした。演技もかくかくしているし、脇で歌っているトビー君の方がよっぽど自然な身振り手振りでした(^_^;)フローレスはちゃんと尻尾つきのカツラかぶっていたんですけどねぇ。

>トビー君が代役でちゃんと舞台上で歌うわけにはいかなかったのかしら
公演が夜だったら対応してくれたかもしれませんが、この日はマチネでしたし、トビー君はかなり譜面に頼っていたのでこうせざるを得なかったのでしょう。トビー君が演技もしてくれたら本当に最高の代役だったんですけどね~。
by Sardanapalus (2009-07-21 20:05) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。