So-net無料ブログ作成

2007 Richard Tucker Galaが放送されました [Keenlyside]

毎年ニューヨークのリンカーンセンターで行われているリチャード・タッカー・ガラ(Richard Tucker Gala)の2007年の公演が、1年たってようやくアメリカのテレビ局で放送されました。このときのガラは、元々はブリン・ターフェル(Bryn Terfel)スーザン・グラハム(Susan Graham)なども出演予定だったのに、相次ぐキャンセルで少々寂しい顔ぶれに…と思ったら、ジョイス・ディドナート(Joyce DiDonato)がスイスから駆けつけて聴衆は大盛り上がり!となったのを覚えています。テレビ放送は、そのディドナートが進行役(といってもテレビの前でコメントを挟みながら鑑賞するという形)でした。

その映像が既にYoutubeにアップされていましたので、こちらで少し紹介したいと思います。
このガラで一番気に入ったのは、マシュー・ポレンザーニ(Matthew Polenzani)とサイモン・キーンリーサイド(Simon Keenlyside)の歌う「真珠採り」のデュエット。やはり文句なしに美しい曲ですね~。2人の声質もこの曲に合っているし、質のよくない映像でも十分感動的です。


次に、一番楽しかったのがディアナ・ダムラウ(Diana Damrau)の"Glitter and Be Gay"(キャンディード)。マイクをひっぱたいたのはアクシデントのようですが、ちょっとアクセントのきつい英語も含めてイイ性格したクネゴンデ(笑)芸達者なダムラウの真骨頂が聴けます。


そして、個人的にものすごく興味があったのは…キーンリーサイドの歌う「プロローグ」(道化師)!ええ、トニオ!?とは思いましたが、やはり幕開けの歌としてはこの歌詞がぴったりきますね。小道具の帽子とマフラーを上手く使って表現豊かに歌っているので、あの陰惨なオペラと切り離せば、幕前の口上として素直に聴けました。最後のディドナートのコメントもファンとしては嬉しいです☆


逆に、あまり期待していなかったけれど聴き応えがあったのは、ルネ・フレミング(Renee Fleming)とディドナートのデュエット"Ah, guarda sorella"(コジ・ファン・トゥッテ)ですね。2人の声質が合っていて、姉妹としての説得力があったと思います。


このほかには、ディドナートも羨むドラマチックな声の持ち主ルチアーナ・デンティーノ(Luciana D'Intino)の"O don fatale!"とか、マリア・グレギーナ(Maria Guleghina)の"Pace, pace mio dio"辺りが重厚な聴き所でしょうか。ただ、ガラにしてはちょっと重たすぎる気もしますが(^_^;)

このガラの他の曲の様子はYoutubeで検索すれば見られますが、女声陣に比べると男声陣はバリトンのキーンリーサイドが一人で頑張っていたような印象です。テノールが3人もいるのに地味~な感じなのは…彼らの選曲のせいでしょうか?せっかくガラ公演なのだから、聴き飽きたような有名アリアを気持ちよくドカン!と歌って欲しいです。

まあ、もともとあまり期待していたわけではないのでキーンリーサイドのタキシード姿が見れただけでも満足としておきましょう。着てるところを見たのは初めてですが、ちゃんと持ってるんですねぇ(^^)




2007 Richard Tucker Gala

Eric Cutler
Diana Damrau
Joyce DiDinato
Adreiz Dobber
Renee Fleming
Brandon Jovanovich [2007 Tucker Award winner]
Simon Keenlyside
Matthew Polenzani

New York Choral Society
Members of the Metropolitan Opera Chorus
Asher Fisch, conductor
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 6

りょー

ひゃぁ~あ、
真珠採りのデュエット美しいですね~。
思わず保存保存、です。


by りょー (2008-12-19 00:17) 

babyfairy

あ、偶然ですね〜私もたった今、このコンサート関連の記事を書いたばかりです。私の場合はジョイス関連なんですけど。キーンリーサイドも歌ってたんですね。それも私の好きな『真珠採り』のデュエットを!リンクありがとうございます。
by babyfairy (2008-12-19 01:53) 

keyaki

これって、すでにシェアできるようになってますね。
キーンリサイドは、トニオはやってないんですか。リゴレットもまだかな。バリトンならやってみなくちゃ...かっこ悪い役も。(笑
by keyaki (2008-12-19 09:24) 

Sardanapalus

りょーさん>
>真珠採りのデュエット美しいですね~
早速聴いてくださってありがとうございます。この曲は、ガラといえば必ず歌われる曲といっても過言ではないですが、こういうリリックな歌声で弱音が美しい歌手に歌ってもらえるとその魅力が倍増しますね(^^)
by Sardanapalus (2008-12-21 11:34) 

Sardanapalus

babyfairyさん>
>私の場合はジョイス関連なんですけど
見ました~。このときのジョイスは、急な代役だったなんて全く分からないほどの大活躍で、改めてファンになってしまいました♪例のところから番組全体を入手したのですが、スイスからすっ飛んできたことやドレスのことなど、裏話が満載で面白かったです。もうご覧になりましたか?
by Sardanapalus (2008-12-21 11:40) 

Sardanapalus

>すでにシェアできるようになってますね
えへへ、早速DLしてました(^^)

>キーンリサイドは、トニオはやってないんですか。リゴレットもまだかな
どちらもまだですね。ただ、リゴレットは2010年にロールデビューらしいです。トニオは声質のこともあるし、歌わないんじゃないですかね。やっぱりオペラの中ではバスかバス=バリトンの役でしょう(^^)かっこ悪い役といえば、マクベスは来シーズンに歌います。(ん?あれはかっこいいのかしら?いえ、やっぱりお間抜けな役ですよね。)
by Sardanapalus (2008-12-21 11:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。