So-net無料ブログ作成

サイモン・キーンリーサイドのリサイタル映像 [Keenlyside]

12月もあっという間に2週間たってしまいましたねえ。仕事が忙しくてなかなか記事をアップできないのですが、オペラ界ではスカラ座の開幕公演でまたまたテノール降板騒動が起こったりして騒がしいようです。もうスカラ座には行く気がなくなりますね…。さらには、先日のヒコックスに続き、イギリス人バス歌手リチャード・ヴァン=アラン(Richard Van Allan)が亡くなるという悲しいニュースも届きました。DVDになっているアレンの「ビリー・バッド」でクラッガート役を、ROHの「魔笛」で第2の神官を歌っています。演技力も素晴らしい歌手で、一度は生で聞きたいと思っていたのに叶いませんでした。あーあ。

そんな暗い気分をちょっと上向きにさせてくれた、サイモン・キーンリーサイドのリセウ歌劇場でのリサイタル映像がYoutubeにアップされていたのでご紹介します。リセウ歌劇場もYoutubeにページを作ったのですね。ファンの間ですら落ち着きがないと話題になるリサイタルでのキーンリーサイドを垣間見れる、なかなか貴重な映像です。曲目は、何故かラフマニノフを2曲。マニアックだわ~。しかも、映像と音声が思いっきりずれていますよ、リセウさん!(^^;)ずれが修正された画像が再アップされていました。リンクしなおしています。(2009年5月6日)音質はあまりよくないですが、画質はYoutubeのページに飛んで画面下の「高画質で表示する」を選べばかなり改善されます。ちょっと早いですが、クリスマスプレゼントといったところでしょうか。こんなにしっかりと作ってあるならDVDで販売して欲しいですけど、本人が許可を出さないでしょうね。


nice!(0)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 10

keyaki

リチャード・ヴァン=アランは、ライモンディが1969年のグラインドボーン音楽祭で、ドン・ジョヴァンニを歌った時のレポレッロ、27才と34才の主従、その後、 1981年コヴェントガーデンでも同役でコンビを組んでいます。まだ70代....ご冥福をお祈りします。私も訃報を出さなくちゃ...教えて下さってありがとうございます。

Youtubeは、最近画面が横長に大きくなり、画質も良くなってますね。
しかし、これは、わざとともおもえるほど、ずれてますね。
最初にちらっと見えるのはカバリエですが、ずいぶん若く見えますね。

by keyaki (2008-12-13 20:07) 

Sardanapalus

keyakiさん>
いつも素早いコメントありがとうございます。そうそう、ヴァン=アランはライモンディとの共演もあったんですよね。とても表現力のある歌唱をする、私好みの歌手だったのでとても残念です…。

Youtubeの画面が横に伸びたのは、やはりハイビジョン基準にしたのでしょうね。音ずれが酷いのにご覧くださって、ありがとうございます。このクリップ最初に登場するカバリエのリサイタル映像は↓です。確かに、ちょっと若くみえますね。しかし、こちらもわざとやっているかのような音のずれです(^_^;)
http://jp.youtube.com/watch?v=n1_3TLY2Pg4
by Sardanapalus (2008-12-13 20:39) 

しま

ええっ!? リチャード・ヴァン=アランも亡くなったんですかっ。
ショックです。
アレンがらみで映像はもちろんのこと、CDもけっこうあって、耳に馴染みのある歌手さんだったのです。。。
by しま (2008-12-14 00:27) 

keyaki

リンクさせていただきましたので、お知らせします。
記事用の写真を捜しながら、雰囲気が俳優のアラン・リックマンに似てるな...と思いました。
by keyaki (2008-12-14 09:57) 

Sardanapalus

しまさん>
私も大ショックです~。ヒコックスの時よりもショックで、記事にうまくまとまらない…。ヴァン=アランも、様々なイギリス人作曲家の作品のレコーディングで馴染み深い歌手でしたね。あのROHの「魔笛」での第2神官の姿を見る限り、まだまだいける!って感じがしていたのですが、肺癌だったそうです。
by Sardanapalus (2008-12-14 16:46) 

Sardanapalus

keyakiさん>
早速記事にしてくださってありがとうございました。

>雰囲気が俳優のアラン・リックマンに似てるな
ヴァン=アランは中部イングランドの鉱夫の息子だそうですので、ロンドン出身のリックマンとは育った環境は違うと思いますが、確かに似た雰囲気はありますね。私の好きなタイプともいいますが(^^)
by Sardanapalus (2008-12-14 16:51) 

彩

>ファンの間ですら落ち着きがないと話題になる
つられて拝見してしまいました。^^
・・・それほど感じませんでしたけど。
立ち位置ほとんど変わらないし、横向いて歌うわけでもなく、後ろも向かないし(爆)。
ってことは、他の歌手さんってもっと動かないんですね~(デフォルトが間違っている人間の感想です)。

ついでにドレイク氏のサイトも訪問したら、新着写真に思わず爆笑。
名古屋の寿司屋・・・どこだったんだろ?
by (2008-12-15 23:58) 

Sardanapalus

彩さん>
>デフォルトが間違っている人間の感想
あはは、残念ながらそのとおりですね。ボストリッジが基準だと、キーンリーサイドは普通に見えます。ただ、キーンリーサイドもポケットに手を突っ込んだりすることがあるので油断できませんが(笑)

>ドレイク氏のサイトも訪問したら、新着写真に思わず爆笑
彼の写真はいつもユーモアたっぷりで大好きです!あの板前さん、私も受けちゃいました~。名古屋にあんな寿司屋があるとは。どこでしょうね?ちなみに、ボストリッジ関連ではもっと古い写真にも面白いものがありますよ~。↓とか。
http://www.juliusdrake.com/content/scrapbook.php?id=68
by Sardanapalus (2008-12-17 00:34) 

彩

あと3日で仕事納めとは。あっという間の12月でした。
というわけで、大分遅ればせのお返事ですが・・・

>もっと古い写真にも面白いものが
知ってますよ~(笑)。ページが重くて探すの大変なので、もらってきてしまいました。
マスクの写真もありましたね。そういやこの時風邪引いてたそうなんですが、何が「郷に入っては」なんだろう? と思ったものです。(マスクするのって日本だけとか?)

ドレイクご本人もお茶目さんですよね。「冬の旅」のメイキング映像大好きです(笑)。

新年はフォルクスオーパーのニューイヤーコンサートに行ってきます。
お元気なうちに(爆)、ルドルフ・ビーブルを聴いておこうと・・・。
(同時にうっかりカサロヴァのリサイタルも買ってしまいましたが、これは初の直前断念かも。)

by (2008-12-23 14:42) 

Sardanapalus

彩さん>
本当、1年ってあっという間ですね。おもしろ写真はやはりご存知でしたか。マスクの方は、「(伝染病が流行ってるわけでもないのにマスクをする国として有名な)日本では日本の慣習にしたがって」ってことでしょう。でも、あのマスク巨大すぎ(^^)ドレイクは、演奏に人柄がにじみ出ているような感じがして私も好きです。

>うっかりカサロヴァのリサイタル
私にとってはボストリッジの時と同じ、開演時間が早すぎて間に合わないパターンなので、もともと買っていません。彼女のバロックアリアはぜひ聴いておきたいんですけどね~。
by Sardanapalus (2008-12-23 23:01) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。