So-net無料ブログ作成

イギリス人指揮者リチャード・ヒコックス死去 [音楽(クラシック)]

Richard Hickox11月23日、イギリス人指揮者のリチャード・ヒコックス(Richard Hickox)が心臓発作の為亡くなりました。享年60歳。指揮者としてはまだまだこれから円熟期の年齢での突然の訃報に驚きました。倒れたときは新作CDのレコーディング中だったそうですし、27日から始まっているENOの新演出オペラ「Riders to the Sea」(ヴォーン・ウィリアムズ作)でも指揮をする予定だったそうですから、本当に急なことだったのでしょう。ご冥福をお祈りします。RIP


◆関連記事◆
BBC NEWS: UK conductor Hickox dies, aged 60
The Independent: Heart attack kills Hickox on eve of ENO season
The Independent: Richard Hickox: Conductor who left a prodigious recorded legacy of British music
The Guardian: Obituary:Richard Hickox
Wikipedia: Richard Hickox

◆ブログ内関連記事◆
PROMS2005: Prom5「ロンドン交響曲」
Pre-PROM Talkでの、作曲家と軽く冗談を飛ばしあう姿が印象に残っています。

私は特に彼の大ファンというわけでもありませんでしたが、特にイギリス人作曲家の曲の解釈には説得力があり、CHANDOSをはじめとして様々なレーベルで精力的にレコーディングしていたので、イギリス音楽好きならば知らない人はいない名指揮者でした。彼の評価はイギリス音楽にとどまらず、ロンドン・シンフォニー・オーケストラの客演指揮者、オーストラリア・オペラ音楽監督、スポレート音楽祭元音楽監督など、世界中でクラシック音楽界に貢献してきたと言えます。

もちろん演奏の評価も高く、グラミー賞やグラモフォン・アワードなどの音楽賞を何度も受賞しています。個人的には苦手なブリテンも、ヒコックスの指揮だと不思議と飽きずに聞いていられたものです。今後、彼以上にイギリス音楽を真摯にとり上げて楽しませてくれる指揮者は出てくるのかしら、などと考えると、やはりこの世を去るのが早すぎた気がします。

※このブログで追っかけているサイモン・キーンリーサイドとも何度も共演しており、CDでは「ビリー・バッド(Billy Budd)」があります。
Britten: Billy Budd / Hickox, Langridge, Keenlyside, et al

Britten: Billy Budd / Hickox, Langridge, Keenlyside, et al

  • アーティスト: Simon Keenlyside,John Tomlinson,Benjamin Britten,Richard Hickox,London Symphony Orchestra,Philip Langridge
  • 出版社/メーカー: Chandos
  • 発売日: 2000/06/27
  • メディア: CD


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 6

しま

こんばんは。
このニュースを知らせて下さって、本当にありがとうございました。
驚きました。60歳なんて若すぎます。
サイモンとのビリー・バッドの録音もそうですし、ヴォーン・ウィリアムズの演奏などでようやく親しみ始めたばかりでした。
by しま (2008-11-29 23:50) 

Sardanapalus

しまさん>
コメントありがとうございます。本当に、60歳では若すぎますよね。あまりに多忙すぎたのでしょうか。

>ようやく親しみ始めたばかり
ブリテン好きなしまさんなら、これから渡英時に生演奏を聴く機会もあったかもしれないのに…。悲しいですが、彼は沢山の素晴らしいCDを残してくれましたから、今後はそちらを聴いて楽しむしかないですね。そういえば、数年前PROMSで彼の指揮を体験したことを思い出しましたので、記事に追加しておきます。まさか彼の指揮を生で聴くのがこれきりになってしまうとは…。
by Sardanapalus (2008-11-30 00:24) 

keyaki

60才.....若い...ご冥福をお祈りします。
指揮者の60才って、オペラ歌手の40才くらいですよね。
思わず、シノーポリはいくつで....と調べてしまいました。
アイーダ演奏中、心筋梗塞で54才だったんですね。

指揮者ではないですけど、ライモンディと親しかった映画プロデューサーのダニエル・トスカン・デュ・プランティエ氏も、2003年ベルリン国際映画祭に出席中、心臓発作で急逝、61才だったんです。前年の横浜フランス映画祭で「今後もオペラ映画を製作しますよ・・」と話されたいたのに.....やっぱっり、忙し過ぎなんでしょうね。

by keyaki (2008-11-30 12:24) 

Sardanapalus

keyakiさん>
なじみの薄い指揮者の話題にコメントありがとうございます。イギリスで活躍している指揮者の中ではヒコックスよりもマッケラス(83歳)の心配をしていたのに…と訃報記事を読みながらボーゼンとしてしまいました。そうそう、シノーポリも若すぎる突然の死でしたね。芸術家の方々は、充実している時期はとにかく多忙になってしまうものですが、あまり無理なスケジュールを組まずに、末永く楽しませてもらいたいです。
by Sardanapalus (2008-11-30 14:00) 

華子

こんにちは、久しぶり~!
コメントありがとう!!
一番上にあった記事がいきなり訃報記事でちょっとびっくり。
心臓が弱かったわけではないみたいだね?

また遊びに来ます。
ロンドン旅行記も楽しみにしてるよ♪



by 華子 (2008-12-02 23:23) 

Sardanapalus

華子さん>
わざわざコメント返しありがとうございます!そう、悲しい記事がトップのまま12月を迎えてしまってます。早く次をあっぷしたいんですけどね~。彼は心臓が弱かったとかはないようです。見た目はころころと元気良さそうだったんですけど、やっぱり肥満はよくないのかしら。旅行記は、気長に待ってください(^^)

by Sardanapalus (2008-12-03 23:20) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。