So-net無料ブログ作成

まだまだROHの「ドン・カルロ」尽くしです(^^) [オペラ(音源・映像・その他)]

このところ、ROHで公演している「ドン・カルロ」の記事しか書いていないのですが、今回も「ドン・カルロ」です(^_^;)次は別のお題を用意していますので、お付き合いください。

まず、6月26日の公演をご覧になったrosinaさんのブログVivere Ancora!に、音源つきの素敵な記事がアップされていました!低音歌手好きなrosinaさんのお陰で、ラジオでは聴けなかったキーンリーサイドのロドリーゴがいっぱい聴けます!モーツァルトとは一味違った歌い方のキーンリーサイドが聴けますヨ。各歌手の分析なども大変興味深い記事ですので、皆さんぜひご覧になってください。

☆Vivere Ancora!☆
Don Carlo ROH
Son io, mio Carlo.....per me giunto

ちなみに、紹介してくださっている音源で一番気に入っているのは、フィリッポに詰め寄るロドリーゴの場面です。やっぱり低音はいいなぁ(^^)





この「ドン・カルロ」公演も残すは7月3日のみ。この日はイギリス国内3箇所に舞台が生中継されるBP Summer Big Screensというイベントも開催されます。毎年、多数のオペラファンとオペラ初心者が集まるこのイベント向けのホームページに、ドン・カルロ本人がストーリーを紹介してくれるビデオクリップが載っていました。今まで気付きませんでしたが、結構面白い構成になっていますし、主要歌手達が総出演ですので紹介します。

BP Summer Big Screens - Don Carlo
暗闇から始まるクリップに、ぬっと登場するのはミスター・ビーンローランド・ヴィリャゾンのドン・カルロ!眉毛が凄いインパクトです(^^)この眉毛王子が、ハムレットよろしくキャラクター紹介も兼ねて独断と偏見の混ざった悩みを熱く語ってくれます。これがつい噴出してしまうクサイ台詞のオンパレード!パソコンの前で大笑いしちゃいました。抜き出してみると…

・「愛」になど関心のない父に横取りされてしまった美しい元婚約者エリザベッタ。そして僕は砕け散った…→大げさだなぁ
・友情、忠誠、勇気、その名はロドリーゴ。僕の唯一の友!でもロドリーゴ、君は僕を裏切ったりはしないよね?→愛の告白ですか?
・僕を愛しているエボリ公女。その愛に応えられないため彼女の嫉妬によって多大な犠牲を払うことに…→早とちりの自業自得じゃ?
・絶大な権力を持つ父、フィリポ2世。彼は一人息子の僕を裏切るんだよ!?・゚・(ノД`;)・゚・→結局これが一番ショックなのね?

見所は、愛の告白に合わせてドアップになるロドリーゴと、登場場面に「ドーン」という効果音をつけたい威厳たっぷりのフィリポでしょうか。この映像を見る限り、カルロはロドリーゴ>フィリポ>エリザベッタ>エボリの順に想っているように感じますが、どうでしょう?シラーの原作ではこの通りの解釈で問題ないと思いますけどね。茶化してしまいましたが、簡潔にまとめられていますし、Big Screensに参加されるオペラ初心者の方たちには、分かり易くていいクリップだと思いました。ますます映像化が待ち遠しいです~。
nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 6

Rosina

管理人さま、

こちらからもトラックバックさせて頂きました。
ところで、このドン・カルロの解説、笑えます。。。。そう、突っ込みどころ満載で。たかが解説なのに、熱が籠っている所はさすがブラック・アダー・・・じゃなくて、ヴィリャソンだわ。この人は声がどうの、歌唱技巧がどうの、だけでなく、存在そのものも含めてワン・パケージで観ると彼ならではの魅力があるなあと思います。

でもやっぱり、中低音フェチな私感で言えば、この公演のスターはキーンリーサイドのロドリーゴとフルラネットのフィリッポですけどね。



by Rosina (2008-07-01 23:31) 

Sardanapalus

Rosinaさん>
TBありがとうございました。音源紹介の許可がいただけて本当にうれしいです。ブログもリンクさせていただきましたので、これからも宜しくお願いいたします。来シーズンのROH「セヴィリアの理髪師」辺りでお会いできるといいのですが…いかがですか?

>このドン・カルロの解説、笑えます
笑えますよね?(^^)私も、これを見て笑いつつ、こういう何にでも熱血なところが人気の秘密かな、と感じました。でも、低音好きには主役はロドリーゴとフィリポですよね♪
by Sardanapalus (2008-07-02 00:04) 

rosina

ROHの『セビーリャ』は観に行くつもりで居ます。おそらく週末の上演日を狙って観に行く事になると思いますが、もし日程が合って、お会いできれば嬉しいです。

この『ドン・カルロ』の音源は全幕分あるので、もし御入り用であればダウンロードのリンク先を御教えいたします。でも、もうすぐ映像公開もあるんですよね。そっちの音源が出回ると良いですけどね〜私もこの間の放送の代役の人のも聴きましたが、確かに美声だけど、やっぱりナマで聴いたキーンリーサイドの方が好みだと思いましたから。


by rosina (2008-07-02 04:52) 

Sardanapalus

rosinaさん>
それでは、ROHの「セヴィリアの理髪師」でお会いできるのを楽しみにしています!週末ですね。

>キーンリーサイドの方が好み
ありがとうございます。私としては、キーンリーサイドの声はヴェルディよりもロッシーニ(というかフィガロ)のほうが似合っていると思うので、来年を楽しみにしてくださいね。

全幕音源のリンク、ぜひぜひ教えてください~。コメントでも、右のサイドバーにあるメールフォームからでも構いませんので、宜しくお願いします!
by Sardanapalus (2008-07-02 12:49) 

keyaki

イタリアのオペラ雑誌の記事の記事にリンクさせていただきました。
キーンリーサイドが一番よくて、ビリャゾンがダメってレビューでした。
いい加減にまとめてますが、全文読めますので、お立ち寄り下さい。
by keyaki (2008-10-13 14:59) 

Sardanapalus

keyakiさん>
リンクありがとうございます!なんだかキーンリーサイドを凄く褒めてくれている記事のようですね。イタリア語は読めませんが、雰囲気だけでも楽しませていただきました(^^)
by Sardanapalus (2008-10-15 20:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。