So-net無料ブログ作成

ロンドン旅行記:気軽に劇場を楽しむ方法 [イギリスあれこれ]

今回私が見に行った作品のうち、事前にチケットを購入していたのは、ロイヤル・オペラハウスのウェブサイトで直接購入できるオペラとバレエだけでした。他のミュージカルや演劇は全て当日券。ロンドンの劇場は、前売り券が完売となっていても必ず当日券または立見券を用意しています。劇場オタクでなくても、せっかくロンドンに来たのだからミュージカルやシェイクスピア劇、オペラなどを楽しんでみようと思われる方に、今回はロンドンで、急に思い立ったときになるべくお値打ちにチケットを入手する方法をお知らせします(^^)

【原則】
日曜日は休演日(一部例外有)
・劇場ボックスオフィスは10:00始業(Royal National Theatreは9:30)
・オペラを除くチケットの正規料金は約15ポンド~60ポンド(ロイヤル・オペラハウスは約6ポンド~200ポンド)
・金券ショップ、チケットエージェントへの手数料などを避けるため、チケットは劇場のボックスオフィスで買う
・ウェストエンドの公演の当日半額チケットは公認チケットオフィスのtktsで買う
・割引チケット、学生券などを買うときには、支払い前に座席位置を確認し、納得してから購入する
・Official London Theatre Guide(2週間おきに発行される、ウェストエンドで上演中の作品情報が載っている無料ガイド)を入手して好みの作品を吟味する


tkts@Leicester Square《ウェストエンドの上演作品の場合》
ロンドンの劇場街のことをWest End(ウェストエンド)と呼びます。地下鉄駅だと、HolbornとOxford CircusとCharing Crossを結んだ三角形とほぼ同じ区域です。この中、もしくは周囲で上演される演劇・ミュージカル・パフォーマンスに関しては、The Society of London Theatre(ロンドン劇場組合)公認の当日半額券を販売してくれるtkts(ティケッツ)(右写真)が狙い目です。このチケット売り場はLeicester Square(レスタースクエア)のほぼ中央にあり、一部の人気作品を除き、最高額の座席を半額の約20ポンド~30ポンド(手数料込)で購入できます。

※この公式売り場の周囲には漁夫の利を狙う膨大な数の半額チケットエージェント(合法ダフ屋のようなもの)が存在していますが、各劇場から直接販売枠を貰っているtktsとは違い、安くても見えにくい席を売りつけられてしまうこともあるので注意が必要です。Leicester Square駅で降りるとtktsにたどり着くまでにあちこちにOfficialだのOriginalだのと銘打ったエージェントが並んでいますので、間違えて購入してしまわないように気をつけてください。本物(^^)は、シンプルにtktsとだけ表記されています。

・朝10:00から販売開始
・昼公演は窓口向かって右側、夜公演は窓口向かって左側に並ぶ
・基本は原価の半額+手数料だが、人気作品などは例外有(原価+手数料、25%引+手数料、等)
・購入前にチケットの場所を聞くことが可能(Stalls=1階席、Dress Circle=2階席、Balcony=3階席以上)
・支払いは現金のほか、クレジットカードでも可能
・販売される演目は毎日変動するので、特定の作品を見たいならば建物の隣の電光掲示板かパネル表示で作品名を確認すると良い(下写真参照)

tkts電光掲示板 tkts発売作品パネル


《ウェストエンドの人気ミュージカル作品の場合》
上記のtktsにはチケットがまわってこない人気のある公演もいくつかあります。もし2、3日(もしくはそれ以上)ロンドンに滞在するのであれば、一度作品を上演している劇場のボックスオフィスへ行ってみてください。tktsにチケットが出ているかどうかに関わらず、ロンドンでは劇場独自の当日券や学生割引券などを用意している所がほとんどです。そこで、
①当日の公演のチケット
②翌日以降のチケット
③当日券の有無
の順番で尋ねてみると、正規値段ですが自分の予算にあったランクのチケットが見つけられるはずです。特に、③当日券は柱で見切れる席や1階最後列などと共に1階最前列も含まれることがほとんどなので、最高額の席は高すぎるけど30ポンド(6000円)程度ならばいいかな、と思われる方にはぴったりです。日本人の感覚ではなぜ最前列が?と思いますが、最前列だと演出の全体を楽しめないし、古い劇場ではオケピットとの隙間が狭くて窮屈だし、舞台を見上げ続ける形になって首が疲れるというのが理由です。また、国際学生証をお持ちの方は、学生券の有無を聞いてみると良い席を安く購入できるかもしれませんよ♪

※日本ほど気合を入れる必要はないですが、当日券は朝10時発売で早い者勝ちなので9時ごろから劇場前に並ぶと良いと思います。寒い冬にはしっかり防寒対策をして、魔法瓶に暖かい飲み物を用意したりカイロを持っていくようにしてください。日本ではないので、開店時間を気にせずにすむ自動販売機には冷たい飲み物しかありません(^^)


《Royal National Theatreの場合》
ロンドンのRoyal National Theatre、つまり「国立劇場」は、ウェストエンドから少し外れたWaterlooに位置している鉄筋コンクリート建ての巨大な劇場コンプレックスです。ロンドンにある劇場にしては歴史が浅く(1976年完成)、その積み木のような外見や複雑に入り組んだ階段とは裏腹に、3つある劇場の座席は快適で舞台も見やすい作りになっています。また、上演作品もコメディから海外物、歴史物まで幅が広く、俳優や演出のレベルも高いので演劇好きにはお勧めの劇場です。チケット代も押さえ気味ですし、両替商Travelexがスポンサーとなってほぼ全座席が10ポンド(約2000円)となっている公演や、やはり10ポンドの学生券、当日券、立見券などなど、特別なエージェントを頼らなくてもいくつものお値打ちチケットが揃っています。他の劇場とは異なり、ボックスオフィスは朝9:30に開きますので、人気作品の当日券を狙うならば8:30頃から並んでください。


大体こんな感じでしょうか。私がふらりとロンドンに行って毎日していることを書き連ねただけ(^_^;)ですが、ロンドンで安く演劇を楽しみたい方の参考になればと思います。因みに、今回私が入手したチケットの値段と席位置を下に書いておきますので、当日買えるチケットがどれくらいのレベル(笑)なのかご確認ください。納得のいくチケットを買うためには、基本ですがボックスオフィスで希望日時と席種をきちんと伝え、購入前に座席位置を確認しておくことが大切です。何かもっと細かく知りたいことなどありましたら、サイドバーのメールフォームやコメント欄で質問していただければ知っている限りのことをお伝えするつもりです。

【購入チケット一覧】
・tkts購入
「Absurd Person Singular」: Stalls AA8(25ポンド)※1階席1列目下手
「The 39 Steps」: Dress Circle D13(23.75ポンド)※2階席4列目中央
「The Magic Flute」: Stalls Q6(27.75ポンド)※1階席17列目中央

・劇場購入(全て当日販売分)
「サロメ」@Royal Opera House: Upper Amphitheatre S56(22ポンド)※4階席後方中央
「ヘアスプレー」@Shaftesbury Theatre: Stalls (25ポンド)※1階席最後列下手
「空騒ぎ」@Royal National Theatre: Rear Circle Standing(5ポンド)※2階席後方立見券


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

しま

>tkts
うーむ、そんな便利な施設があったとは。全然気づきませんでしたよ;;;

ROHでの当日券購入、楽しかったです。
今までチケット取りで並んだことはなかったのですが・・・新国とかでもやってみたくなりました。
アイーダがどうしても諦めきれないのでネ…・(つД`)
by しま (2008-03-17 23:39) 

keyaki

しまさん
新国のアイーダの舞台衣裳は、世界一だそうです。
完売といいながら、空席もあるそうですよ。まず、電話で押さえたほうが確実だとおもいます。

Sardanapalus さん
ロンドンの劇場は、もちろん空いている席に移動OKですよね。
最近、新国では、自分の席じゃない席に移動する人をやっきになって取り締まっているそうです。これは、観客の要望もあるということのようなんですが、私は、空いてる席に移るのがダメっていうのはよくわかりませんね。
by keyaki (2008-03-18 21:26) 

Sardanapalus

しまさん>
>>tkts
>うーむ、そんな便利な施設があったとは
実は内緒にしていました、とかいって(笑)次回何かオペラ以外のものをご覧になるならばぜひご利用ください。

>アイーダ
行けそうならばぜひ当日券を狙ってみてください!感想お待ちしています。
by Sardanapalus (2008-03-21 01:28) 

Sardanapalus

keyakiさん>
>ロンドンの劇場は、もちろん空いている席に移動OK
Royal Opera Houseでは、暗転すると隣にずれたり、休憩後に舞台が見えやすい席に移動するのは日常茶飯事ですね。演劇などで売れ行きの悪い公演では、劇場側がガラガラの1階席に2階席以上の安い席の観客を移動させたりもしますよ。

>空いてる席に移るのがダメっていうのはよくわかりませんね
上演中に移るのは問題外ですけど、どうせ空席なら舞台に近いほうを埋めた方が演じる側もやりやすいでしょうに。そういえば、以前オペラの来日公演で、A席に移ろうとしているB席のおばちゃんたちを案内係が必死で食い止めている光景を見たことがあります。A席後列が見事に4列ほど空いていたので、なぜそんな必死になって止めなくてはいけないのか意味が分からなかったです。

by Sardanapalus (2008-03-21 01:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。