So-net無料ブログ作成

リチャード・タッカー・ガラ2007のラジオ放送 [オペラ(音源・映像・その他)]

急なお知らせで申し訳ありませんが、サイモン・キーンリーサイドも出演するリチャード・タッカー・ガラ(The Richard Tucker Gala)の生中継が現地時間の今夜あります。有名曲あり、珍しい曲あり、結構楽しみな歌手陣です。日本時間では5日午前7時~の放送…やっぱり間違っていて、午前8時~の放送ですが、再確認をよろしくお願いします。ネット上で聞くには、WQXRのサイトへ行って、トップ記事のToday on WQXRにあるClick hereをクリックしてください。このガラは個別のストリームで放送するようですので、お気をつけください。iTunes RadioやWindows Media Playerなどなど、ストリームするプレイヤーの種類とビットレートを選んで聞くことができます。このガラは映像収録もされるそうですので、そのうちDVDになるかもしれませんね♪わ~い。


ところ変わってBBC Radio3のページでは、ENOの「カルメン(Carmen)」をビデオ配信しています。演出・ビデオ編集は映画監督のサリー・ポッター(Sally Potter)。期間は11月3日から1週間(音声のみの放送は終了しています)。おそらくレチタティーヴォ版です。「おそらく」というのは、英語上演なので勝手が違ってよく分からないからです、なんちゃって(^_^;)。ちなみに、High Qualityでもワンセグの画面くらいにしないと見られたものではありませんし、音質もネットラジオより酷いので、特に気になる歌手が登場していないならご覧にならなくてもいいかもしれません(目が疲れるだけです…暗いし)。もっとちなみに、私のお目当てはカルメン役のアリス・クーテ(Alice Coote)とミカエラ役のケイティ・ヴァン・クーテン(Katie van Kooten)でしたが、そうと知っていないと見分けられない画質と音質です(笑)それでも、好きなシーン(第1幕のホセとミカエラの二重唱)は音楽的に結構楽しめました。背景が潰れてしまってあまり見えなくても、2人が突っ立って歌うだけの手抜き演出でも、ちょっと感動してしまったり…(^_^;)ヴァン・クーテンは今年の小澤征爾音楽塾での同役でも印象的だった注目株なので、興味のある方は音質の悪さを脳内補完して聞いてみてください。


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 8

keyaki

リチャード・タッカーというとカツラの話しを思い出しちゃいますね。

ガラの目的は、その年のリチャード・タッカー賞の受賞者の御披露目ということらしいですから、Brandon Jovanovichが知らない名前ですから彼のお披露目ということですね。あとは、たまたまニューヨークにいる歌手ってことでしょうけど、さすが、ニューヨークですね。

カルメンは、要所、要所が見られるのかしら...
by keyaki (2007-11-05 08:58) 

あー。聞き逃しちゃった。
キーンさんとポレンザーニの真珠とりの二重唱は聞きたかったなぁ。

タッカー・ガラ、過去の映像はクラシカジャパンとかで放送してたようですけど、最近のも撮ってるんですか??撮ってるんだったら流してほしいですねぇ。
by (2007-11-05 16:58) 

Sardanapalus

keyakiさん>
>リチャード・タッカーというとカツラの話し
あっ、言われて思い出しちゃいました(^^)

>Brandon Jovanovichが知らない名前ですから彼のお披露目
その通りです。他は丁度NYにいる歌手…のはずなのですが、何と3人も風邪でドタキャンしてました(^_^;)代役でジョイス・ディドナートがヨーロッパから飛んできて登場、大盛り上がりでしたよ。他の2人の代役も、上手な若手を連れて来ていたので私としては満足です。

>カルメンは
勝手にハイライトにしたくなる画質ですけど、恐ろしいことに全編です(笑)幕ごとでファイルが区切られています。
by Sardanapalus (2007-11-05 20:11) 

Sardanapalus

りょーさん>
今回はりょーさんもお聞きになったデンティーノのエボリもありましたよ。相変わらず力強い歌声でした。

>キーンさんとポレンザーニの真珠とりの二重唱
声の相性も良かったです♪やっぱり名曲ですね~。

>最近のも撮ってるんですか??
アメリカでは、来週放送だそうです。日本では???今回はパヴァちゃんも映像で出演していたようなので、ぜひ放送して欲しいですね。
by Sardanapalus (2007-11-05 20:19) 

Sheva

関係ない話で恐縮です。
スカラ座の件、教えていただいて大感謝!です。イギリス人だったとは。どうりでARTEのサイトで英語でインタビューに応えていたわけです。あとでGuardianの記事読みますから。いやほんとです。
そういえば最近simonkeenlyside.info が昨年の新婚時のサイモンのインタビューをおこしてくれまして喜んでいました。やっぱイギリス人の話す英語は難しいんですよ~Mourinho と違って。
話変わりますが、ワーグナーってほんとはまりますよ~
ワーグナーの前にワーグナーなく、ワーグナーのあとにワーグナーなしと誰かが言ったかどうかわかりませんが、もう彼以外のオペラは聴きたくない!(ウソです)
やっぱあのバイエルンの日本公演は今思えばすごかったんですよ。あのキャスト、まるでウソみたいなキャストでしたよね、ああ~
by Sheva (2007-12-09 10:40) 

Sardanapalus

Shevaさん>
いえいえ、こちらこそ1ヶ月以上更新していなくて、すみません。

>イギリス人だったとは
写真で見る限り、ストーリーは非常にゴツイ人のようですね。デブじゃないというだけで合格でしょう(^^)

>新婚時のサイモンのインタビュー
私も読みました。彼の英語はまた慣用句ばっかですからね、普通に友人と駄弁っているような英語話されても聞き取れなくて困っちゃいます(^_^;)CD聞こうとしたらスピーカーが壊れたとか、ピアニストお勧めの歌曲集を最初は大嫌いだったとか、相変わらずのネタ満載っぷりでしたね。
by Sardanapalus (2007-12-12 23:20) 

Sheva

Sardana さま、ストリーさん、ヤクザの鉄砲玉でした~(私の頭の中では)。
ところでSimon の放送スケジュールが2件ほど我々の愛するサイトに上がってますけどUPされないんですか? できればぜひ♪ 日本時間のあしたです。またおもしろTALKを聞きたいものです。
by Sheva (2007-12-15 12:27) 

Sardanapalus

Shevaさん>
>ヤクザの鉄砲玉
うぷぷ、確かにそういう雰囲気が漂ってます(^^)

ラジオ放送予定、遅くなりましたがアップしました!こんなにほったらかしでファン失格ですねぇ。
by Sardanapalus (2007-12-16 23:29) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。