So-net無料ブログ作成

バレエ「白鳥の湖」@ROH [演劇]

丁度私がロンドンに滞在していた5月のROHの演目は、オペラ「ペレアスとメリザンド」とバレエ「白鳥の湖」でした。ということで(?)当然バレエも楽しんできました。私が見た日は、「マノン」で一目ぼれしたゼナイダ・ヤノフスキー(Zenaida Yanowsky)がオデット/オディール役。彼女は今回のポスターにもなっていて、「ペレアスとメリザンド」のキーンリーサイドとオペラハウスの壁で夫婦競演状態になってました(笑)
       

バレエは初心者なので、正統な「白鳥の湖」を舞台で見るのは初めてでした(マシュー・ボーン振付による男性版は2度見ています)。今回女性が白鳥を踊るのを見て、ボーンの「白鳥は力強くて男性的」という言葉が蘇りました。確かに、私の中でも実際の白鳥は可愛らしい女の子というよりは、しなやかな筋肉を纏った若者というイメージです。ということで、最初は白鳥達の動きに物足りなさを感じてしまいましたが、次第にその違和感が非現実的な物語にぴったりとはまってきて、オデットが登場する場面ではすっかり物語に入り込んでいました。何よりも、チャイコフスキーのおなじみの音楽を生で聞いていれば、細かいツッコミどころは気にならなくなってきます。これでもっと上手なオーケストラだったら良かったのですけどね…。お願いだから盛り上がりで外すのは止めて~。

この日のダンサーの中では、やっぱりヤノフスキーが期待通りの素晴らしい出来でした。白鳥の中の誰よりも強いオーラが出ていた登場シーンから、一挙手一投足から目が離せません。まあ、ファンですから当然ですが(^^)長身な彼女のオデットは、どちらかというとしっかりと自立していて、決して受身ではありません。白鳥達のリーダーとしての力強さと魔法をかけられた者の深い哀しみに加えて、戸惑いながらのジークフリートへの真摯な愛もたっぷり感じられて、改めてヤノフスキーの凄さを認識しました。特に最期の場面では、王子と引き裂かれてしまったオデットの心情がひしひしと伝わってきて、思わず泣きそうになってしまいました。そんな芝居上手なヤノフスキーですから、当然オディールではガラッと変わって妖しい魅力を振りまいてくれます。もっと押しの強い悪女にするのかと思いきや、意外とコケティッシュでセクシーな美女といった役作りでした。それにしても、これだけ雰囲気が違えば別人だって分かるでしょうよ、ジークフリート王子!まあ、王子と言うものは概して天然ボケなのかもしれませんね。その王子役はケネス・グレイヴ(Kenneth Grave)。彼のダンスは安定感はあっても特にどこが凄いという印象はないのですが、王子としてぴったりの外見にヤノフスキーと並んでも大丈夫な長身というだけで十分です(役柄自体があまり魅力的じゃないですからね…)。

今までしっかり見る機会がありませんでしたが、改めて生で見てみるとかっこいい王子様がバリバリ踊ってくれるし、白鳥と黒鳥それぞれの見せ場もあるし、群舞もたっぷりあるし、ストーリーは悲劇だし、セットもロマンチックになるし、そりゃ人気もあるわけです。今回は更に芝居重視のロイヤル・バレエでの公演だったので、オケがミスしても、ダンサー達が小さなミスをしても、そんなことは大して気にならないくらい「舞台作品」として楽しめました。かなりお値打ちに楽しめますから、これからもロンドンに行くときには一度くらいバレエを見るのもいいものですね。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 4

や~、ゼナイダさん美しいですね。
ポスターを夫婦で並べちゃうROHもイカしています。・・・しかしバレエダンサーというのは本当に足の甲が柔らかいんですね!この写真、驚異的です。それともこれがダンサーとして普通なの?

ところでこのトップ画像可愛いですね。
METのセビリヤのポスター撮影用?なわけないよね。
by (2007-09-05 22:02) 

Sardanapalus

りょーさん>
>ゼナイダさん美しい
この白黒のポスターはまた美しいですよね。バレエダンサーの体は、どうなってるのか私もよく分かりません(^_^;)

>トップ画像
>METのセビリヤのポスター撮影用?
あはは、そうか、そんな雰囲気ですね!でも違いま~す。TATE BRITAINに展示されていたオレンジをピラミッド型に積み上げたアート…の残骸です。「お一人様ひとつずつお持ち帰りください」というメモが添えられていて、ピラミッドが崩れていく過程を楽しむというコンセプトの作品だったのですよ。私が行った頃には、ご覧のような状態でした。勿論、私もひとついただいて帰りました(笑)
by Sardanapalus (2007-09-05 23:07) 

stmargarets

遅コメですが、

盛り上がりで音外さないで~、に一票!
でも彼女の白鳥は期待を裏切らないでよかったよね。
次はバヤデールなので、楽しみよ。
by stmargarets (2007-09-09 09:06) 

Sardanapalus

stmargaretsさん>
>盛り上がりで音外さないで~
見たときからかなり時間がたってますけど、オケが下手だったことはしっかり覚えてますよ(^^)本当に、気分もぐぐーっと盛り上がってきたところにプファ~とか、ガックリ来ちゃいます。有名曲だから余計にね…。

おっ、ヤノフスキーのバヤデールは良さそうですね!このバレエも全部通して見たことが無いので興味津々です。レポートお願いしますね♪
by Sardanapalus (2007-09-09 15:02) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。