So-net無料ブログ作成

夏休みの映画3本 [映画]

気付けばもう9月。既に学生ではないので夏休みといってもずっと仕事でしたが、やっぱり8月が終わるのは何となく物寂しいですね。夏は苦手でも、夏休みはウキウキする良いイメージばかりなのが不思議です(^^)今年は5月に遊んだので旅行には行きませんでしたが、いくつか見た映画の中から3本を夏の思い出として選んでみました。そういえば、その5月の旅行記もまだ途中でしたね…9月はもう少し更新出来るように頑張りま~す。

オーシャンズ13(Oceans 13)
いよいよ3部作の3作目が完成しました。今回はラス・ベガスで、仲間の一人ルーベンが悪徳ホテル王ウィリー・バンク(Willie Bank)に騙されて新高級ホテル兼カジノの経営権を奪われてしまう。ショックで心臓発作を起こして寝込んでしまったルーベンのリベンジとしてそのホテル兼カジノのオープニングをぶっ潰そうとオーシャンたちが再集結する…。先が読めつつも適度なウィットの効いたひねりのあるストーリー展開と適度に力の抜けた俳優陣にゆる~く笑わせてもらいました。ホテルの星の数を減らす為に採点者の泊まる部屋にノミ、ダニをばら撒いたりアメニティに異物混入したりという場面は、ゲラゲラ笑いながらも採点者がかわいそうになってしまいましたが。

そういえば、今回はカジノで使うサイコロに細工をする為メキシコの製造工場へ潜り込んだはずが労働環境のあまりの悪さにストを起こして大騒ぎするといったアメリカの社会問題ネタをねじ込んできましたが、本当は日本を舞台にしたかったとか?舞台はベガスでも随所にヘンテコ日本風(中国風)の小道具が登場するし、ホテルのマークも筆書きのBだし、イギリス人コメディアン兼作家兼俳優のエディ・イザード(Eddie Izzard)扮するローマンは流暢に「リョクチャかゲンマイチャくれ」なんて注文してくれますし(^_^;)とにかく、これまでの男性主要登場人物は皆ちょこっとずつ顔を出してにやりとさせてくれますので、オーシャンたちの悪ガキのノリが苦手じゃないなら楽しめると思います。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
闇の帝王ヴォルデモートが蘇ったと言うハリーを信じない学友達と何の対策もしない魔法省に苛立ちを隠せないハリー。魔法省から派遣されたアンブリッジがホグワーツを無力化しようとしていると感じたハリーと仲間達は密かに自衛の魔法特訓を続ける。同時に、ホグワーツの外でも闇の帝王に対抗する不死鳥の騎士団が動き出していた。果たしてハリー達と不死鳥の騎士団はヴォルデモートとデス・イーター達から魔法界を守ることが出来るのか?原作にあまり興味の無い私がこの映画を見続けている理由は、ずばり次々に登場するイギリス人俳優達。大好きなゲイリー・オールドマン(Gary Oldman)をはじめ、アラン・リックマン(Alan Rickman)レイフ・ファインズ(Ralph Fiennes)マギー・スミス(Maggie Smith)などが揃ってファンタジー世界の住人を演じているのを見るだけでも楽しいです。そこに今回はイメルダ・スタウントン(Imelda Staunton)までが加わって、しかもあの嫌味なドロレス・アンブリッジ役だというので、主人公の子供達そっちのけでワクワクしながら見に行きました。

結果はご覧になった方なら分かる通り、アンブリッジが主役と言える出来(^^)子供達の中では不思議ちゃんルーナ・ラブグッド(Luna Lovegood)役のエヴァナ・リンチ(Evanna Lynch)がいいですね。ストーリーのまとめ方はまずまずだったと思いますが、ハリーが主人公なのだから、シリウス・ブラックの人柄とスネイプ先生の知られたくない過去の話の辺りをもっとしっかり見せた方が良かったと思います。どちらもハリーが成長する為に重要な出来事ですからね。全体としては、後2作に続けるために上手くまとめられていて充分楽しむことが出来ました。

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ
事故死した両親の葬式に、才能が無いのに東京で女優を目指している長女の澄伽が帰って来た。傍若無人に振舞う彼女にいじめられっぱなしの妹・清深と、それを見て見ぬふりをする血の繋がらない兄・宍道と、その3人の関係を不思議に思いながらも甲斐甲斐しく世話をする人の良い兄嫁・待子。実は数年前、東京へ行く為にナイフを持って父親相手に大暴れし、同級生相手に売春をして資金を貯めていた澄伽の行動を清深が脚色して描いたホラー漫画が受賞して雑誌に掲載されてしまい、それ以降姉妹の関係は険悪になっていたのだ。二度と漫画は描かないと誓った清深だったが、久しぶりに帰って来た姉の行動は相変わらずネタの宝庫。新進の映画監督から映画出演の以来が舞い込んで上機嫌になった澄伽は清深を許し、今後は姉妹としてやり直そうとするが…。個人的にこの夏一番ヒットした映画です。が、間違ってもお勧めはしません(笑)単館系の好みの分かれる映画だと思いますので、リンク先のサイトからあらすじや出演者をチェックしてからご覧ください。俳優陣では、自分に演技の才能が無いのに、女優になれないのは周りのせい、何よりも妹の描いた漫画のせい!と言い放ってわがままし放題の澄伽(すみか)役の佐藤江梨子がはまり役です(^^)兄の宍道(しんじ)役の浅野忠信も、黙々と炭焼きを続ける不器用な男という得意?な役どころで良い味を出しています。でも、お兄ちゃんのあの結論の出し方はちょっとずるいなぁ。

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ (講談社文庫 も 48-1)最初は姉の高慢さにイライラし、破天荒で限度を知らないいじめにぞっとするのですが、次第にコミュニュケーションをとるのが下手な彼女の孤独感が見えてきて映画を見終わる頃には嫌悪感は感じなくなっています。それよりも、最初はやられっぱなしでかわいそうな妹が、そのいじめの数々をネタにした姉の漫画を密かに投稿して賞金を獲得してしまうしたたかさに背筋が寒くなります(^_^;)ある意味、ホラー映画なのかもしれません。原作は劇団主宰兼小説家の本谷有希子。劇団での活動は知っていましたが、小説も面白そうですね。近いうちに原作を読んでみることにします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。