So-net無料ブログ作成

ロンドン旅行記(3):ロンドンを安く楽しむ方法 [旅行]

ずいぶん間が空いてしまいましたが、中断していたロンドン旅行記を再開したいと思います。3回目は、物価が高くて地下鉄初乗り運賃が1000円を超えてしまった(@_@)ロンドンを、なるべく安く楽しむ方法をご紹介します。


まず、問題になるのは宿泊費です。勿論ツアーで行く時や代理店に頼んでしまう時には元々の旅行代金に含まれている訳ですが、個人で手配するとなると結構な金額になってきて頭が痛いですよね。そういう時に便利なのが、王道ですがユースホステル。シャワーとトイレが共同でも、同じ部屋に見知らぬ人が寝ていても、2段ベッドでも平気な人ならこれを使わない手はありません。世界各国から旅慣れた若者達が集まってきているので、いろんな話が聞けて楽しいですし、同部屋になった皆でパブに繰り出したり、街の見所の情報交換をしたりできるのもホステルならでは。男女で部屋分けしているホステルなんて、ちょっとした女子校(又は男子校)の合宿のような変な楽しさがあります(^^)

それから、夏に旅行する時に狙いたいのがロンドンに数多ある大学の学生寮。イギリスの大学は7月~9月まで夏休みで、その間空っぽの学生寮を一般人に格安で開放している学校があるのです。勿論こちらもシャワー、トイレは共有ですが、私はホステルより寮がお勧めです。その理由は…

①ホステルと代わらない値段で鍵のかかる個人の部屋があり、普通のベッドで寝られる
②大体各階に共有のキッチンがついていて、自炊が可能
③基本的に学生用の建物なので、交通の便がよく、清掃・セキュリティが比較的行き届いている
④構内の売店やレストラン、コインランドリー、ATM、インターネットなどが使える

ということで、短期滞在でも、お金は節約したいけれど同じ部屋に他人がいるのはちょっと…という方にお勧めです!ただし、寮は人気が高いのでお早めにチェックしてください。こういったホステルや大学寮を検索するには、Hostellondon.comというページがとても使いやすいです。予約時にデポジットと手数料が発生しますが、利用者の評価も読めるので、値段とつき合わせながら自分の希望するホステルを見つけることが可能です。また、大学寮の場合は大学のホームページを直接当たってみるのも良いと思います。


宿泊場所を確保した後は、交通費です。ロンドンを旅するなら、地下鉄をはじめ観光には欠かせないロンドンの公共交通機関全体で使えるパスカード「オイスター・カード(Oyster Card)」は必需品です。東京でのパスモのようなものですが、一番嬉しいのはこのカードを使った時の運賃が大きく割引になることです。例えば、上述の地下鉄初乗り運賃ですが、現金だと約1000円(4ポンド)でも、オイスターを使えば約370円(1.5ポンド)ほどです(安い!)。地下鉄の駅窓口で発行手続きが出来ますので、備え付けの用紙に必要事項を記入して発行してもらってください。詳しくは、こちらや英語のOysterページWikipediaなどをご覧になってください(ネット上をOyster Cardで検索すれば日本語でも説明してくれているページもいくつか出てきます)。


さて、これで交通費も抑えました。次は観光地の選び方です。ロンドンの無料で行ける見所といえば…

①美術館・博物館(大英博物館、National Gallery、自然史博物館等)、教会
②池や庭園のある大きな公園(Regent's Park、Hyde Park、Green Park等)
③コヴェント・ガーデン(Covent Garden)※オペラハウスではなく、その周りの繁華街
④カムデン(Camden)、ポートベロー(Portbelo)、スピタルフィールズ(Spitalfields)などのマーケット
⑤ノッティングヒル(Nottinghill)、グリニッジ(Greenwich)などのお洒落な郊外

などなど、挙げていけば結構あるものです。他にも記念碑、宮殿、タワーブリッジなどは見るだけなら当然タダですね。自分の好みの場所に行ってしまって、時間が余っているようだったら、ぜひこういった場所を選んでみてください。公園で日向ぼっこをするもよし、2階建てバスに乗って街中を見て回るもよし、劇場街ウェスト・エンドを歩き回って有名俳優の看板を探してみるもよし、お金を払わなくても充分楽しむことは出来るはず。特にコヴェント・ガーデンは大道芸人が常に通行人を楽しませていますし、公衆トイレもありますから、休憩+時間つぶしにはぴったりの場所です。

さて、ここまでくればかなり出費を抑えたロンドン滞在が可能なはずですので、これからロンドンへ行こうと考えていらっしゃる方々に、少しでも参考にしていただけたら嬉しいです(^^)


nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(1) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 9

keyaki

円で給料をもらっている人は大変みたいですね。

>大学の学生寮
ウィーンで泊まりました。
いつも予約無しの行き当たりばったりだったので、ほとんど駅にあるインフォメーションっていうのかな、そこで安くていいところを紹介してもらってました。こういうのは、日本にもあって、けっこう便利ですよ。
ヨーロッパは、安いホテルやペンションも充実していて、いいですよね。
by keyaki (2007-07-23 02:53) 

euridice

逆の... つまり、日本の某学生寮の思い出です。夏休みには寮の部屋は本棚をのぞいて空っぽにしなくてはいけませんでした。本棚には紙を張る。他の私物はすべてトランクルームに移動です。毎夏けっこうなお仕事でした。サマースクールとかもやっていたみたいだし、外国人向け宿泊施設として利用していたのだと思います。個室じゃなかったですけど・・・
by euridice (2007-07-23 07:32) 

しま

初めてのロンドンから帰ってきたところです~!!

そうか、学生寮にも泊まれるんですね~。
若返った気分にもなれるし、次にヨーロッパ旅行をする時にはぜひ利用してみたいです!!

ワタシは地下鉄は1dayカードを利用しました。あてもなくロンドンをさまようことも多かったので、これもけっこう便利でした。
by しま (2007-07-23 17:26) 

Sardanapalus

keyakiさん>
>円で給料
3年で50円高くなってますからね、ポンドに直すとすごい減給ですよ(^_^;)

>駅にあるインフォメーション
そうですね、大陸諸国はツーリスト・インフォーメーションがとても充実していて便利だと思います。一人旅にはオアシスのようなもの♪イギリスは、少なくともロンドンはそれほどでもないかなぁ。とにかく、ヨーロッパは若者が一人旅をする環境が整っていますよね。私はドイツ語圏に行くとついホステルに泊まってしまうのですが、次にウィーンに行く機会があったら寮を狙ってみます!
by Sardanapalus (2007-07-23 23:11) 

Sardanapalus

euridiceさん>
>毎夏けっこうなお仕事
日本でもそんなことをやっている大学があるのですね。荷物の移動は大変だったことでしょう。

>個室じゃなかった
友人同士で来ている人とか、カップルにはその方が好都合でしょう。
by Sardanapalus (2007-07-23 23:14) 

Sardanapalus

しまさん>
おかえりなさ~い!ネット復帰が早いですねー(@_@)旅行記もドンドン出てくるし…こっちが焦ってしまいますー!

>次にヨーロッパ旅行をする時にはぜひ
旅行は、行き始めると止められないですよ~!ってことで、次回はアレン氏のリサイタルへ照準を合わせて計画してみてはどうですか??

>地下鉄は1dayカード
短期滞在でゾーン1か2に滞在するならばその手もありますね(^^)
by Sardanapalus (2007-07-23 23:18) 

Orfeo

うげえ!ロンドン、物価高すぎ!絶対行きたくない!
・・・と思いましたが、Sardanaさんの説明を読んで、安心しました。
行こうかな?(笑)
by Orfeo (2007-07-24 13:31) 

続き楽しみにしてました^^
オイスターカードはほんとに持って居て損はないですね。余裕を持って空港に着いて、地下鉄に乗る前に駅で作れたらいいよね。
4と1.5だとイマイチ実感わかないけど、1000円と380円じゃねぇ(笑)

でもホテル代は半端じゃなく高かったね(笑)!youthに泊まるだけの自信がいまだに無いんだけど、、、滞在費を抑えないと長期滞在は痛い痛い。ロンドンはまだまだ見たいものがあるし、次回(いつ!?)参考にさせてもらいます!!
by (2007-07-25 09:59) 

Sardanapalus

Orfeoさん>
>説明を読んで、安心
それは良かった(^^)物価は高くても、私好みの物が集まっている場所、それがロンドンなんですよねー。ぜひ行ってください♪

りょーさん>
>オイスターカードはほんとに持って居て損はない
そうですよね!体験者は語る(笑)円で換算するとかなり違いますからね。

>滞在費を抑えないと長期滞在は痛い痛い
本当にホテルは高いんだから…。ホステルは、友人と一緒に泊まればなじみやすいですよ。それから、紹介しているようなサイトでホステルの場所と内装をじっくり観察し、利用者コメントの評価を分析することが重要です。次回は当然来年のクーラ@ROHに合わせて、ですよね??(^^)
by Sardanapalus (2007-07-26 00:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。