So-net無料ブログ作成

ついつい笑ってしまうオペラ画像・映像 [オペラ(音源・映像・その他)]

全く不真面目にオペラを楽しんでいる者として、疲れているときにチョコチョコ見て楽しんでいるどこか可笑しいオペラの舞台写真(映像)がいくつかあります。別にその写真(映像)の歌手や演出家やデザイナーを馬鹿にしているというのではなく、単に歌手と衣装と舞台美術と音楽のミスマッチさやツッコミどころを楽しんで癒されるのが目的です。


例えば↑のスタニスラス・ノルデ(Stanislas Nordey)演出、2006年ザルツブルク・イースター音楽祭の「ペレアスとメリザンド」(ラトル指揮)は当然よく使います(笑)このペレアスを見るたびにいつ「トランスフォーーム!」と叫ぶのかな~とニヤニヤしてしまったり。(参考記事:ペレアス?とメリザンド@ザルツブルク

それから、死ぬ前に一度は劇場で見たいピエール・ルイジ・ピッツィ(Pier Luigi Pizzi)のゴテゴテ(でも魅力的)な演出の数々が載っているODB Operaのページは重宝しています。ページ下方の演出記録の合間にステキ~な舞台写真がヨリドリミドリで載っていて、まるでバロック絵画から抜け出てきたような巨大なマント・カツラ・羽飾りを引きずった歌手達の姿を見るだけでご機嫌になれること間違い無し。こういう衣装を着る歌手達は大変でしょうけど、観客としては文句無しに楽しめそうです。ちなみに、左の写真は1999年スカラ座の「アルミード(Armide)」(ムーティ指揮)のキーンリーサイド(Ubalde役)。この時のキャストで今見れるなら世界中どこへでも駆けつけたくなる豪華キャストだったりします。(J=D・フローレスとジュゼッペ・フィリアノーティとポール・グローヴスが一緒に歌う機会なんてもう無いでしょうね…)

他には、最近よく話題にしているロベルト・デ・シモーネ演出の「ドン・ジョヴァンニ」もかなり使わせてもらってます。この記事に集めたリンク先にはよく笑いに行ってますし、時間があるときはDVDを見て仮装大会を目いっぱい楽しんでしまいます。もっぱら見るのはジョヴァンニ、オッターヴィオ、アンナ、エルヴィーラの貴族達!…だって何度見てもフリフリバサバサしてて可笑しいんだも~ん。特にお気に入りはジョヴァンニの海賊キャプテンとエルヴィーラのマリー・アントワネットです(笑)

映像では、最近ノックアウトされてしまったのがこちら。歌声だけ聴くと素晴らしいイェレツキー公爵なのですが、画面を見たとたんそのカツラのステキさに目を奪われてしまって、歌に集中できません!(^_^;)上述の海賊キャプテンも笑いましたけど、この真摯なアリアを歌うキャラとはとても思えないカツラのインパクトは今のところ最強です。「疲れたな~」と思ったら、いつでもこのカツラを見に行きます。私は笑えなかったことがありません(笑)そのうちカツラのロール部分から何かが発射されたりして…。

他にも、身近なところで学ランオルフェオとか、不良オヤジ達とか、素で頭かいてるパパゲーノ(BBC Radio3-Wigmore Artists)とか、蛇に食べられてるタミーノでよく癒されています(^^)まあ、←のサラリーマン写真はサイドバーにも載せてますけど、舞台以外でもこういったネタになる写真がいっぱい出てくる歌手のファンをやっているのも、慣れてくれば楽しいものです♪


nice!(0)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 12

euridice

バロックはこうでなくちゃあね。Tシャツにジーンズじゃあ、たいていはお稽古にしか見えないし・・

>1999年スカラ座の「アルミード(Armide)」(ムーティ指揮)のキーンリーサイド(Ubalde役)

あれ、どこかで見たかぶり物・・・ キーンリサイド、カッコいいです!
見たのはこれでした^^;

http://www.geocities.jp/euridiceneedsahero/83pic43.html
by euridice (2007-02-07 08:23) 

Bowles

>J=D・フローレスとジュゼッペ・フィリアノーティとポール・グローヴスが一緒に歌う機会なんてもう無いでしょうね…

P.グローヴスはどうでもよいけれど(^^;)、それよりもっと凄いことに!

今年のペーザロではフロレスとフィリアノーティと、なんとクリス・メリットが同じ舞台に立つ予定です。
by Bowles (2007-02-07 09:13) 

ヴァラリン

カツラのことでは常に肩身の狭い思いを余儀なくされているので、あまり大きな声で笑えませんが…(たまには素頭で演じて欲しい…髪の毛、多いのに…シクシク)

>カツラのステキさに目を奪われてしまって、歌に集中できません!(^_^;)

わー、ホントにステキ。相手の女性のカツラもすーばらしいわね(^^;
by ヴァラリン (2007-02-07 14:10) 

Sardanapalus

euridiceさん>
>バロックはこうでなくちゃあね
やはり衣装に使える予算の関係で厳しいのかもしれませんが、モーツァルトの初期オペラ・セリアくらいまでのオペラは一度は羽付きのゴテゴテ衣装の公演が見たいですね。

>どこかで見たかぶり物
わ~イドメネオですか!ホフマンの長身なら見栄えが良かったでしょうね!


Bowlesさん>
私も正直グローヴスはどうでもいいんですが、この公演は女声陣もA=C・アントナッチ、N・アンセレム、V・ウルマナがいますからね…。

>ペーザロではフロレスとフィリアノーティと、なんとクリス・メリットが同じ舞台
えええ~こりゃまたすごいですね!演目は「オテロ」ですか。…メリットがタイトルロールですよね?(^^)


ヴァラリンさん>
いや~あのハゲヅラもなかなか強力ですよね。時々覗かせてもらってます(^^)

>>カツラのステキさに目を奪われて
>わー、ホントにステキ。相手の女性のカツラもすーばらしいわね(^^;
でしょ~?(^^)よく見るとリーザのドレスとカツラも凄いんですよね。これじゃあ女官じゃなくてどっかの貴族令嬢だってば!それとも、イェレツキーがプレゼントしたのかな???
by Sardanapalus (2007-02-07 18:11) 

よもや、もしや、あれでは・・・?
とピンと来て開いてみたら大当たり(爆笑)
素敵すぎますよねこのカツラ。

>ロール部分から何かが発射されたりして…。

やだもう、次回から今までの苦笑が爆笑に変わってしまいそうですよ~!

>イェレツキーがプレゼント

絶対そうですね。
で、「こんなの被らせられるくらいならゲルマンのがマシ!」
って逃げられちゃったんだわ。
プレゼントには重々気をつけないといけませんね。

ちなみに私はサルダナさんが教えてくれた
蛇に食べられ中のトビー君を大事に保存してありますよ(^^)
by (2007-02-07 21:24) 

Sardanapalus

りょーさん>
>よもや、もしや、あれでは・・・?
あれでした(^^)強烈ですよね~。最初、ブッファの衣装だと思っちゃいましたもん。

>「こんなの被らせられるくらいならゲルマンのがマシ!」
うん、これならリーザがゲルマンをとるのも分かる気がします。「こんなセンスの人たちばかりのところ、いられないわ!」(^^)

>蛇に食べられ中のトビー君
ふふふ、あの荒い鼻息の蛇も楽しいですよね。
by Sardanapalus (2007-02-07 22:15) 

Bowles

>演目は「オテロ」ですか。…メリットがタイトルロールですよね?(^^)

それがですねぇ、かつてのオテッロはイャーゴで、フィリアノーティがオテッロなんですよ!!まあいざとなったら代役にもなれる???
by Bowles (2007-02-08 09:46) 

Sardanapalus

>かつてのオテッロはイャーゴで、フィリアノーティがオテッロ

(゚∇゚ ;)エッ!?

いや、密かにテノール余っちゃうな~なんて思ってたんですけど、メリットはイアーゴなんですか。へ~最近はバリトン役も歌ってるんですね。それにしても、フィリアノーティとはまた優男なオテロですねぇ。ラジオ放送されたら聞いてみたいです。
by Sardanapalus (2007-02-09 00:20) 

Bowles

Sardanapalusさん

ロッシーニの《オテッロ》はテノールが何人いてもいいんです(笑)。イャーゴもテノールですから。

一時はヘヴィー級(体重のことじゃなく...ね)ロッシーニ・テナーでならしたメリットも、病気と一種のスランプから回復後、今度はキャラクター・テナーとして蘇ったわけですが、ホント久方ぶりのロッシーニへの帰還となります。ペーザロではリサイタルも予定されているので、ぜひ聴いてみようと思っています。今年のベルリンで来日するかと思っていたんだけれど。
by Bowles (2007-02-09 09:33) 

Sardanapalus

Bowlesさん>
あ~そうか、この「オテロ」はロッシーニの方ですか!なるほど、安心しました(^_^;)ほんと、メリットは久しぶりのロッシーニですね。リサイタルもやるなんて、張り切ってますね。
by Sardanapalus (2007-02-09 19:22) 

しま

こちらでははじめまして。
この度は温かい励ましやアドヴァイスをありがとうございます。頑張っています(笑)

>ついつい笑ってしまうオペラ画像・映像
ありますね~!!
というか、私は普段から笑うためにオペラ鑑賞をしているという側面があります。“絵”だけではなく“音”でも。
真面目で深刻な演目を歌手がすごいテンションで歌っているのを聴いているだけで笑ってしまいます。最近のヒットは「イル・トロヴァトーレ」のパヴァロッティでした。あのハイC、笑えます(←もちろん感服していマス)。

シモーネのドンジョ、前から気になっていたんです。やっぱ買おう、DVD。

>そのうちカツラのロール部分から何かが発射されたりして…。
イガラムですな(笑)
by しま (2007-02-11 10:43) 

Sardanapalus

しまさん>
コメントありがとうございます!ぜひ生アレンを体験してくださいね。他にも何か分からないことがあったらいつでも質問してくださいませ。ROHに関しては無駄に色々知ってますので(笑)

>笑うためにオペラ鑑賞
オペラ・セリアのコロラトゥーラで爆笑しているのは私…(^_^;)人間感服すると笑いが出ますよね?ね?「トロヴァトーレ」のマンリーコのハイCは私も笑えるの持ってます。ずばりコレッリ(笑)一度全盛期の声を生で聞いてみたかった~。

>シモーネのドンジョ
>やっぱ買おう、DVD
ぜひ買ってください!最初は案外大人しいですが、「旦那様お耳に入れたいことが」辺りから正にファッションショーですので(笑)

>>そのうちカツラのロール部分から何かが発射されたりして…。
>イガラムですな(笑)
ちょっと古いところではガンダムでも可です(^^)
by Sardanapalus (2007-02-11 16:09) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。