So-net無料ブログ作成

日本盤「テールズ・オブ・オペラ」発売になってます [Keenlyside]

まさか出るとは予想していなかったのでノーチェックだったのですが、12月20日にサイモン・キーンリーサイドの「テールズ・オブ・オペラ(Tales of Opera)」の日本盤が発売になりました。

テールズ・オブ・オペラ

テールズ・オブ・オペラ

  • アーティスト: キーンリサイド(サイモン), ミュンヘン放送交響楽団, シルマー(ウルフ), ロッシーニ
  • 出版社/メーカー: ソニーミュージックエンタテインメント
  • 発売日: 2006/12/20
  • メディア: CD

日本のソニーミュージックのキーンリーサイドのページはこちら。ちゃんと宣伝文句までついています。(ちなみに、ソニーミュージックショップのアルバムページでは、各アリアの日本語タイトルが分かります。何故か「夕星の歌」だけ記述方法が違いますが^_^;)

さて、ノーチェックだったのに何故発売されたのが分かったかと言いいますと…
今日我が街のCD屋にフラリと行ったらば、クラシックコーナーにどこかで見たジャケットが置いてあるじゃないですか(笑)しかも帯がついてるってことは、まさかの日本盤!…本物か?と3回くらいひっくり返してじっくり確認してしまいました(^_^;)私は本当にファンなのかな。

海外盤とは違ってプラスチックのケースですが、曲名も日本語表記ですし、当然本人による解説と歌詞の日本語訳も載っているでしょう。やっぱり日本語が欲しい!という方はぜひお近くのCD屋さんかネットショップで探してみてください。値段は税込2520円です。

ところで、全くどうでもいいことですが日本語タイトルは「テルズ・オブ・オペラ」が良かったな~。あ、でもそれじゃあ人気ゲームソフトのシリーズみたいだわ(^^)どっちにしろカタカナではピンと来ないタイトルですね。


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 3

Sheva

こんばんは。
そうなんですか! びっくり。日本盤発売ですか… でもあのドイツ盤、各国語で歌詞が載っているのがいいですよね~
ところでチューリヒ歌劇場、日本に来るんですね。Simonのおともだち、ヴェルザー=メストさんが率いて。Simon もキャスティングしてほしかったな~
simonkeenlyside.info はクリスマス休暇ですね。さすが欧米人。
あたしたち日本人は冬休みもサイトやってそう。
ところでもうあれから1年ですね。早過ぎ~
by Sheva (2006-12-22 00:00) 

I love London

日本盤、発売されたんですか。
それはそれで欲しいかも(笑)。
しかし、宣伝文句が、ちょっと気恥ずかしいです・・・。
by I love London (2006-12-22 10:25) 

Sardanapalus

Shevaさん>
>びっくり。日本盤発売ですか…
でしょう?良かった、驚いたのが私だけじゃなくて(笑)流石ソニーというとこですか。

>チューリヒ歌劇場、日本に来る
そのようですね。まあ、演目上キーンリーサイドが入る余地は無いかと(^_^;)キャストも勢いのある歌手が揃っているし、充実した公演が期待できそうですね。

>ところでもうあれから1年
本当に早いものです~。またいつか一緒にオペラ行きたいですね♪


I love Londonさん>
>日本盤
気になるようでしたらぜひ買ってみてくださいね~。

>宣伝文句が、ちょっと気恥ずかしい
私も1度しか読めてませんよ。ファンもこういうことに慣れてないですからねぇ(^_^;)
by Sardanapalus (2006-12-22 11:53) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。