So-net無料ブログ作成

ミュージカル「メアリー・ポピンズ」 [演劇]

今回ロンドンにいる間に必ず見ておきたかったミュージカルのひとつ、「メアリー・ポピンズ(Mary Poppins)」。ディズニーの製作で、曲もあの有名な映画の曲に新曲を足したものですが、ストーリー自体は意外にも映画と原作両方の要素をアレンジしたものになっていました(キャメロン・マッキントッシュとの合同製作なので当然でしょうけど…)。ちなみに演出家は、ロイヤル・オペラの「椿姫」(ゲオルギュー主演、ショルティ指揮)の演出もしているリチャード・エア(Richard Eyre)です。

あらすじ:ロンドンのシティで勤めている銀行家ジョージ・バンクス氏の家にやってきた凄腕ナニー(ベビー・シッター)のメアリー・ポピンズとバンクス家の人々との日常を書いた話。父親が破り捨ててしまったはずの子供達による家政婦募集広告を持ってバンクス家に突如現れたメアリー・ポピンズは、我が儘な子供達ジェーンマイケルを見事にしつけるだけでなく、父と母、子供達、使用人のぎくしゃくした関係を不思議な力で改善していく。

メリーポピンズ スペシャル・エディション いまやクラシックとなっているあの映画をなぞっただけかと思いきや、一緒なのは基本的なストーリー構成と、ポピンズが子供部屋で荷解きをする場面と煙突掃除夫のダンス場面があることくらいでしょうか。ミュージカルは、原作から選択されたストーリーのアレンジの仕方がより「イギリス的」になっていると思いました。使用人のロバートソン・アイも登場しますし、バンクス氏のナニーだったミス・アンドリュースも出てきますが、一番驚いたのはバンクス夫人の設定で、映画では女性参政権獲得運動なんかして結構きゃぴきゃぴしてますが、ミュージカルでは上流社会になじめず友人も出来ず、仕事一筋の夫に軽視されているように感じて悩む女性です。確かに、この方がいかにもイギリス上流の女性らしいし、原作の設定に近い。それから、話の展開も映画と少し違います。以下かなりのネタバレなので反転してください。バンクス氏が、銀行に不利益な資金援助を契約した責任をとって謹慎していた所を銀行に呼び出され、クビになるかと思いきや、実はその投資は謹慎中に銀行に利益をもたらしていたのでバンクス氏は昇進、家族サービス優先の条件で給料も増えてめでたしめでたし、となるのです。これにはビックリ。

アニメの場面は全てカットだったので、「スーパーカリフラジスティックエクスピアリドゥーシャス!」はどうするのかと思ったら、ジンジャーブレッドのお店と世界一長生きのおばあさんを足したストーリーと絡めて上手く入れていました。振付もまるでYMCAのようにアルファベットを体で作るコミカルなもので、流石はマシュー・ボーン(Matthew Bourne)の振付です。

風にのってきたメアリー・ポピンズ 映画は最近もテレビで見てよく分かっていたものの、原作の方は小学生の頃に何度か読んだだけなので、映画に登場しないエピソードや登場人物がでてくるたびに新鮮でした。まるで歌舞伎のセリ上がりを見ているようなバンクス家に、最後は猿之助の宙乗りのように客席上を飛び去っていくメアリー・ポピンズというように、歌舞伎好きはニヤリとさせられる舞台装置だったのも興味深かったですね。

全体的には、原作のナルシストなポピンズの、ちょっと高ビーで必要なことしか話さないツンとした性格がもっとでていると嬉しかったのですが、まあミュージカルの主役が歌わない、踊らない、では困りますからね~。あ、その代わり(?)バートは歌えて踊れてコックニー(ロンドン下町なまり)もバッチリで楽しかったです。後は子供達がなかなか上手で、マイケル君の「パパ、大好き!」の一言は観客から「かわいい~」と声が出るくらいでした。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 0

コメント 4

adlon

懐かしいですね。昔映画を見た覚えがあります。いかにもイギリスが舞台という楽しいミュージカル映画ですよね。大好きな映画だったんで、ミュージカルのほうも是非見てみたいです。
by adlon (2006-08-04 23:41) 

Sardanapalus

adlonさん>
>いかにもイギリスが舞台
ところどころアメリカっぽい部分もありますが、全体としてかなり頑張って作っていると思います。音楽も耳に残る曲がいっぱいですよね。原作のポピンズの異次元さは薄れてしまってますが、子供達もかわいいし心地よいハッピーエンドのミュージカルなので、機会があったらぜひ見てくださいね。
by Sardanapalus (2006-08-05 12:36) 

TARO

BBCがスタジオ(多分)にローラ・ケリーらロンドン・キャストのメンバーを招いて収録した「スーパーカリフラ以下略」を、YouTubeで見ることが出来ました。
(YouTubeには、明らかに会場で盗み撮りしたと思しき映像まで出回ってて、驚きました。)
公式サイトの映像だけでも楽しさの片鱗は伝わってきますが、舞台が見れたなんてウラヤマしいです。
by TARO (2006-08-07 11:24) 

Sardanapalus

TAROさん>
>「スーパーカリフラ以下略」を、YouTubeで
早速見てきました!あ~、これ覚えてます。毎年年末に放送する、恵まれない子供達への募金を目的にしたエンターテイメント番組で、この時は「メアリー・ポピンズ」がスタジオに出張したんですよ。

>明らかに会場で盗み撮りしたと思しき映像
本当ですね!ビックリ、というか、どこまで行くのかYou Tube(^_^;)私が見た時も、「スーパー(以下略)」の場面のアンコールは大盛り上がりでした。舞台終了後のアンコールでもキャスト全員でこの振付で踊りまくってくれて、楽しかったですよ~。ロンドンに行ったらぜひ!(今度ニューヨークにも進出するらしいです)そのうち日本でも劇団四季が買い取りそうですけど、ね。
by Sardanapalus (2006-08-08 20:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。