So-net無料ブログ作成

最近見た映画 [映画]

日本に帰ってから見た映画がたまってきたので、いくつか感想つきで紹介してみたいと思います。順番は、順位ではなくてただ単に「見た順」です(^_^;)


   

ミュンヘン(Munich)

スティーヴン・スピルバーグの最新作ということで話題ですね。ミュンヘン・オリンピックの選手村で、パレスチナのテロ集団によってイスラエル選手団が殺害された事件の首謀者達をイスラエルがスパイを雇って報復していく話です。暗いし、希望も見えないし、背景も複雑な歴史が関わっているのですが、流石はスピルバーグといったつくりになっています。最終的には個人VS国家(権力)という構図になっていくところも上手い。テンポも良いし、長いのに最後まで飽きませんでした。人間って馬鹿だなぁ~とつくづく感じられる作品です。主人公のエリック・バナがいい味出してます。あと、次期ボンド役も出演。

おすすめ:見終わった後にイスラエルとパレスチナの問題について語れる関係の人と行ってください。「仕事と私、どっちが大切なの?」なんて状態のカップルや夫婦もいいでしょう。


PROMISEプロミス

とりあえず映像は綺麗です。CG使いすぎで時々うざったいですが、ワイヤーアクションの違和感がほとんどないのは拍手モノでしょう。皆に愛されながらも真実の愛を得られない女と、彼女を各人各様に愛する3人の男が主役の話。時代劇の王道かと思いきや、話の筋自体は「?」も多いです。言ってしまえば、良くも悪くもチェン・カイコー(笑)見所はアクションと映像の美しさだけかもしれません。そういえば彼の「始皇帝暗殺」と共通する「煮え切らなさ」というか「こじつけ」があるような気がします。無歓(ニコラス・ツェー)のステキな髪型は一見の価値ありかも。

おすすめ:中国のアクション時代劇の好きな人、「始皇帝暗殺」が好きな人、チャン・ドンゴンまたはニコラス・ツェーが好きな人。


ナルニア国物語 第一章:ライオンと魔女

ライオンと魔女 ナルニア国ものがたり(1) 「指輪物語」と双璧をなすイギリス発のファンタジー小説。「指輪」が終わったから次は「ナルニア」なのかな?こちらの方が児童向けの色が強い作品だと思います。私も10年以上前に全7巻を読破した経験あり。当然、細かい話はすっかり忘れてました(^_^;)第二次世界大戦中、ロンドンから田舎の大きな屋敷に疎開した4兄弟は、その屋敷の空き部屋にある衣装箪笥から、100年もの間偽の女王が支配する冬が続いている「ナルニア国」へと迷い込む。途中次男が魔女方に協力してしまうが、最後に兄弟達は王アスランと力をあわせて魔女を倒し、ナルニア国を永遠の冬から解放するまでが1巻目の話。ニュージーランドって、このままファンタジー作品のロケ地として永遠に稼いでいけるんじゃないでしょうかね?美しい景色がどんどん出てきます。アスランはCGとは思えない自然さで、魔女は美しくて殺陣もバンバンやっちゃいます。それにしても、悪役が殺される瞬間にカメラをそらすのはいい加減にやめてくれないかなぁ。>ディズニー

おすすめ:親子で見たい人、ファンタジー好きな人、とりあえず話題に乗り遅れたくない人(笑)


サマータイムマシン・ブルース スタンダード・エディション (初回生産限定価格) こんな感じでしょうか。DVDの中では、ふとしたことでタイムマシンが手に入った大学のSF研究会が、前日にコーラをかけて壊しちゃったエアコンのリモコンを今日に持ち帰ろうと悪戦苦闘するコメディ、「サマータイムマシン・ブルース」はとにかく笑いました~。元々はヨーロッパ企画という小劇場劇団が上演した作品ですが、映画版もかなりはじけてます。見れば、大学時代の青春がよみがえること間違い無し!です。

最近の映画関係のニュースでは、以前紹介した「コンスタント・ガーデナー」の邦題が、原作小説と同じ「ナイロビの蜂」になったようですね。なるほどなるほど、内容とも上手くリンクした中々良い題じゃないですか。カタカナだと訳が分かりませんからね~。


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 5

keyaki

>悪役が殺される瞬間にカメラをそらすのはいい加減にやめてくれないかなぁ。>ディズニー
あぁ、そういわれれば確かに、、、でも私向きかも。
目をそらさなくてもいいので、肩が凝らなかったわ。
ディズニーってそうなんですか,知りませんでした。

>アスランはCGとは思えない自然さ
かっこよかったですね、アスランに一目惚れ。
全部CGなんですか。
by keyaki (2006-03-16 01:48) 

euridice

>児童向けの色が強い
ですね。大人の鑑賞にも耐えると思いますけど、小学生にもぴったりに作ってあると思いました。

>>悪役が殺される瞬間に....
物語全体の中で白い魔女がどうなったのかはっきり覚えていないので、なんとも言えないのですけど、悪が完全に滅びたわけではないのではないような印象も持ちます・・・

>>アスラン
ほんとに立派なライオンで、お話のイメージを壊さず描いてくれてうれしいです^^!

さて、全七話ですが、しりすぼみにならないことを祈ります......
by euridice (2006-03-16 06:45) 

Sardanapalus

keyakiさん>
>ディズニーってそうなんですか
昔、ディズニーファンの友達に教えてもらいました(笑)子供への影響を考えてのこととか。

>アスランに一目惚れ
アスランカッコイイですね!声がリーアム・ニーソンだったのも個人的にポイント高いです♪

euridiceさん>
>小学生にもぴったり
主人公が子供達というのも、子供が熱中できる要因ですよね。大人はアスランのかっこよさにしびれる、と(笑)

>>悪役が殺される瞬間に....
>悪が完全に滅びたわけではないのではないような印象
ああ、そういわれてみれば後でまた出てきたかも?う~ん、思い出せませんが、でもあの終わり方はちょっと…。魔女の最後のショットが振り返るアスランの下で伸びてる姿というのは悲しいです~。
by Sardanapalus (2006-03-16 19:50) 

ASIS2005

ナルニアはイギリスで公開してすぐ見に行きました。
久しぶりに見てわかる映画だったので楽しめました。
英語力のなさでいつもは隙間隙間を想像力でうめて行ったり、映画を観終わった後でストーリーを調べて頭の中でプレイバックしたりと大変ですから。
by ASIS2005 (2006-03-18 18:03) 

Sardanapalus

ASIS2005さん>
>イギリスで公開してすぐ
「どうせ日本でもすぐ公開されるだろう」と思って、帰国したら見られない演劇やオペラに行ってましたが、日本公開までには結構長い間待たされました。確かに分かりやすい英語で、2ヶ月ぶりにどっぷり英語で楽しめましたね。
by Sardanapalus (2006-03-19 00:15) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。