So-net無料ブログ作成

トビー・スペンスのリサイタル [音楽(クラシック)]

何だか最近テノールのリサイタルが続いていますが、今日はブログ仲間のロンドンの椿姫さんお勧めの、イギリス人テノールトビー・スペンス(Toby Spence)リサイタルへ行ってきました(右写真からエージェントAskonas Holtのページへリンク)。つい最近英語専門のオペラハウスENOで「魔笛」のタミーノを好演し、Opera Japonicaでは舞台写真つきで記事になっています。今回の会場は、マニアックなドイツ歌曲のリサイタルで有名ウィグモア・ホール(Wigmore Hall)。今回初めて行きましたが、何と元通っていた語学学校のすぐ近くでした!知っていたらいろいろと行けたのになぁ~などと今更悔しがっても後の祭りです(笑)

小さくてもセンスの良いホールのステージ上には素敵な装飾画が描いてありました。これがロゴにもなってますね。ピアノ1台と歌手が乗ったらいっぱいになってしまうほどの小さなステージも、音響も、歌曲を聴くのにはぴったりで、このホールが歌手達に人気な理由が分かります。ただ、座席は平土間なので前の人の頭がとっても邪魔!なのが唯一の欠点でしょうか。今回のコンサートは午後4時から1時間程度のプログラム。ということで、料金も10ポンド(2000円)のところを更に学生割引で8ポンド(1600円)でした。ああ、日本もこれくらいの気軽さでコンサートが楽しめるといいのにな~。

プログラムはベートーヴェン、ブラームス、マーラー、プーランクいきなりベートーヴェンの「遥かなる恋人に寄せて(An die ferne Geliebte)」からでしたけど、爽やかに、若々しく歌いきってくれました。スペンス、いいですね!好みの感じですよ♪続いてはブラームスの5つの歌曲。やっぱり秋はブラームス!?(笑)こちらも心地よく聞けました。特に「子守唄(Wiegenlied)」を生で聞けたのは嬉しかったですね。弱音も素晴らしかったです。マーラーは「子供の不思議な角笛(Das Knaben Wunderhorn)」から抜粋4曲。こちらも大好きな「この歌を作ったのは誰?(Wer hat dies Liedlein erdacht?)」が聞けて大満足♪普段バリトンで聞きなれているので他の曲は軽くて戸惑いましたけど、これは軽く歌って欲しい曲なのでテノールで聞けて満足満足(^_^)最後はフランシス・プーランク(Francis Poulenc)の歌曲集「ある日、ある夜(Tel jour, telle nuit)」でしたけど、私はプーランクあまり好きじゃない上にフランス語は全く分からないのであまり印象に残りませんでした。やっぱり歌曲は内容が分からないとはまれませんね~。

アンコールもプーランクの作品から1曲(タイトルは分かりません^_^;)演奏してくれましたが、それでも外へ出てもまだまだ明るい午後5時過ぎ。会場から道一本離れたところにある大通りは買い物客で大賑わいで、帰ってくるのが大変でした。でも、一昨日の「美しき水車屋の娘」同様、こちらも行ってよかった!と心から思えるリサイタルでした。スペンスの、軽いながらも表情豊かでエッジの効いた歌唱スタイルはかなり気に入りました。それに、写真よりも実物の方が断然かっこよくて、今回は髪型のせいか、ちょっと若き頃のデヴィット・ボウイを髣髴とさせるような感じで、これは嬉しい誤算でした(^_^;)それにしても、実物と写真でイメージ変わりすぎです、この人。上に載せた写真も、どっちかと言うと金髪のコリン・ファースって感じだし…。

とにかくスペンスは体も細いし、声もいいし、これは今度の「セヴィリアの理髪師」@コヴェント・ガーデンでアルマヴィーヴァ伯爵を聞くのが楽しみです♪ロンドンの椿姫さん、お勧めしてくださってありがとうございました~。今回も着物姿、素敵でしたよ!


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 2

ロンドンの椿姫

気に入って頂けて安心しました! Saladanapalusさんは低音好きで、テノールには手厳しそうですからね。
トビー君素敵だったね~。声も姿も。この写真は彼のよさがちゃんと出てて嬉しいです。私の記事に載せた写真はイマイチですから。これと同じ写真(もうちょっと全身が写ってるほうが更にいいけど)、今度私のブログに載せてもいいですか? Saladanapalusさんは写真検索するのがすごく上手いので羨ましいです。なんで私はろくな写真が見つからないのだろう?

しかし、やっぱり歌曲は内容がわからないと、と言われると、それは正しいのですが、私は失格です。ドイツ語もフランス語もわからないから。特に今日は歌詞を追うよりトビー君をうっとり見つめてただけだから。 ま、たまにはミーハーもいいですよね。いつもだけど・・。
http://peraperaopera.ameblo.jp/
by ロンドンの椿姫 (2005-10-24 07:47) 

Sardanapalus

ロンドンの椿姫さん>
早速のコメントありがとうございます!いや~良かったですよ、スペンス。私が低音好きなのは、テノールで好みに合う人がなかなかいないからであって、低音なら誰でもいいって訳じゃないですよ(笑)

>これと同じ写真
出所を書いておけば大丈夫なはずです。私の写真じゃないので、どうぞどうぞ。

>たまにはミーハーもいいですよね
もちろんですよ。私も基本はミーハーですし(笑)プーランクは、フランス語が分かったらもっと面白かっただろうな~と思うとちょっと悔しい!というだけですから。
by Sardanapalus (2005-10-24 08:16) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。