So-net無料ブログ作成

F1ドイツ・グランプリ [スポーツ]

          表彰台獲得3人:左からモントーヤ、アロンソ、バトン
     
今日のF1ドイツ・グランプリ@ホッケンハイム・サーキットはまたまた不幸な男とラッキーな男の明暗が分かれましたね。

今シーズンはとことんついていないキミ・ライコネンは、予選ポール・ポジションからの余裕の快走も36周目のマシントラブルであっけなく終了~。予選が順調だった今回は2位以下を引き離しての余裕のレースだっただけに、もうなんと言ったら良いのか(^_^;)魔よけでもしてもらったほうが良いんじゃないかと思いますね。レース後のコメントでは「何て言ったら良いのさ!?リタイヤするのはいつでも嫌な事だけど、余裕でリードしてる時にリタイヤするのは最悪だよ!今シーズンは超ついてないね。とにかく、来週のハンガリー・グランプリに向けて気持ちを立て直すよ」と、余りの悪運に嫌気がさしている様子でした。

そのおこぼれに預かったのは、いつでも元気なフェルナンド・アロンソ。今回は予選3位からのスタートで「車が速いキミが前にいるし、ジェンソンを抜いて2位なら上出来だと思うよ」とか言っていたのに、そのライコネンがリタイヤして、またまた棚から牡丹餅の6勝目を飾りました。今年の運は全てアロンソが持っていってしまっているのでしょうか?今回の10点でチャンピオンシップ争いにおける大きなリードを築きました。まだ逆転される可能性は残ってますが、今年のチャンピオンは彼でほぼ決定でしょう。暫定3位のシューマッハも「今年のチャンピオンシップ獲得は無理」というコメント(英語)を出したし。

2位に入ったのは、前戦で久しぶりに優勝したライコネンのチームメイト、ファン・パブロ・モントーヤでした。実は今回は彼が予選でコースアウトして最後尾からのスタートだったのですが、マクラーレンの車は安定してますね~。スタートでさっさと順位を上げると、そのあともピットインのタイミングを上手く決めてあれよあれよという間に2位になってました。マクラーレンは予選で何かミスしないとレース自体を完走できないとかいう呪いでもかけられているんじゃないでしょうかね?(笑)

そして、3位にはイギリス期待のジェンソン・バトンが入ってイギリスの中継チームは大騒ぎ!今回は予選2位からのスタートだったし、ホンダの車の性能から考えて表彰台は当然かと思うのですが、レース途中は順位の変動があってなかなかスリリングな3位獲得でした。

バトンと表彰台を争ったのは、4位のジャンカルロ・フィジケラと5位のミヒャエル・シューマッハ。途中までは車が遅い上にタイヤがぼろぼろになってきてグリップのきかないシューマッハのフェラーリを先頭に4台ほど数珠繋ぎになって3位争いをしていましたが、まずはバトンが思い切りの良い突っ込みでズバッと抜き去り3位を快走、残り8周となったあたりでようやくフィジケラもシューマッハをかわして4位フィニッシュ。シューマッハもそれ以降は持ちこたえて何とか5位でフィニッシュしました。

そんな感じで、今回はかなり上位で動きのあるレースが見れたので面白かったです。スタンドを埋め尽くしたシューマッハのファン達はガッカリだったでしょうが、フェラーリの車自体は大分良くなってきているように思います。来週のハンガリー・グランプリではどのようなレースになるのか、特にライコネンは今度こそ優勝できるのか、しっかり注目していたいと思います(笑)


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:クルマ・バイク(旧テーマ)

nice! 0

コメント 5

YUKI

F1って私は疎い方なんですが、主人がF1の大ファンで毎回TVの放送を必ず録画しています。
今年のF1って去年とは大分違った感じになっているようですねぇ。
by YUKI (2005-07-25 15:32) 

せり

私も全然だめなんですが、下の娘がまだ家にいた頃よく見ていて、しかもこの
ライコネンを「私の王子様」とよんでいたのを懐かしく思い出しました。彼は日本でテレビCMにもでていたそうですね。
by せり (2005-07-25 17:38) 

Sardanapalus

こんな男くさい話題にコメントありがとうございます~。

YUKIさん>
今年から規制が大きく変わって、タイヤの交換が出来なくなったのが一番の違いでしょうか。他にも色々あって、去年まで圧倒的に強かったフェラーリが車の性能で後れを取っていて色々なドライバーが活躍しているのを見れるのは面白いです。

せりさん>
娘さんとは趣味が被りますね。一度ぜひお話してみたいです(笑)私はライコネンのファンというわけではありませんが、彼は若いし才能のあるドライバーだと思いますので、今シーズンが駄目でも次があります。CMの話は知りませんでした。まあ、カッコイイですからね。F1には結構良い男がいますよ~(笑)
by Sardanapalus (2005-07-25 19:07) 

黒子

こちらでははじめましてです。
F1、今年はすっかり忘れています(笑)
私がはまっていた頃は中嶋悟さんがいた頃で、アラン・プロストと今は亡きアイルトン・セナの全盛期でしたね。
中でも好きだったのはナイジェル・マンセル。時には渋く、時には潔い走りが好きでした。あっ中嶋さんの『職人走り』も好きでしたよ。
鈴鹿のチケットもなかなか取れなくて、懐かしいです。
ミヒャエル・シューマッハはまだいなかった(爆)

今はレギュレーションも変わって時々わからなくなってきます。
by 黒子 (2005-07-26 02:32) 

Sardanapalus

黒子さん、ようこそいらっしゃいました~。セナとプロストが鈴鹿でクラッシュしたのを見たのが私の初F1だったかと思います。本格的に見だしたのは、セナが事故で亡くなった年からです。正にシューマッハがベネトンで大活躍した年ですね。もう10年以上前ですか。早いなぁ。レギュレーションの変更は、私も今年はサボっているのでタイヤ以外は何が変わったのか実はよく分かっていません(笑)

>好きだったのはナイジェル・マンセル
おお、実は私、鈴鹿土産の彼の下敷き持ってました(笑)あの口ひげはF1史上に残りますよね。
by Sardanapalus (2005-07-26 07:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。