So-net無料ブログ作成

F1フランス・グランプリ [スポーツ]

            
今日は快晴のフランスから、F1フランス・グランプリ@マニクール・サーキット。前回の悲惨なアメリカ・グランプリとは打って変わって適度にエキサイティングな面白いレースでした。

まず、サーキットの全長とピットレーンが短いため、各チームがそれぞればらばらの戦略をとっているのが面白い!2ストップの車もあれば、3ストップの車もあるし、それぞれピットインするタイミングも駆け引きがあって久しぶりに「F1らしいF1」を見たな~という感じがしました(苦笑)このレース、リタイヤしたのはたったの5台でしたし、何より、今回はミヒャエル・シューマッハ(Michael Schumacher)がちゃんと走っていたのが良かったと思います。レース終盤にペースが上がらず結局予選と同じ3位でしたが、中盤ではファステスト・ラップをたたき出したりして、復調の予感大!です。当然ですが、レース前から結果が見えていた前回の優勝よりも、全チームがレースに参加した今回の3位の方が断然嬉しそうでした。やっぱりフェラーリも上位に食い込んでこないとつまらないですよね。って、誰に言ってんだろ(笑)

今年のチャンピオンシップでトップを快走するフェルナンド・アロンソ(Fernand Alonso)は今回も速かった!!6位フィニッシュのチームメイト、ジャンカルロ・フィジケラ(Giancarlo Fisichella)との差は歴然でしたね。今年の彼には一体何が起こっているのでしょう?本当に去年までとはまるで別人です(私の印象では、の話ですが)。ポールポジションからの危なげないポール・トゥ・ウィン(一度も2位以下にならないこと)で今シーズン5勝目です。

頑張ったのは、2位に入ったキミ・ライコネン(Kimi Raikkonen)。金曜日にエンジンがブローして交換したので、ペナルティで13番手スタート(予選実質3位)だったことが嘘のようです。ピット戦略が大当たりで、一気に順位を上げた後は、危なげない走りでした。「金曜のアクシデントで、勝つ予定だったのが台無しだよ」と2位でも不満たらたら。イギリスでは勝ちに行く!と強気のコメントを出しています。


そういえば、BARホンダはようやく今シーズン初ポイント獲得でしたね。予選振るわなかったジェンソン・バトン(Jenson Button)が5位入賞、逆に予選4位の好位置だった佐藤琢磨は入賞外に落ちちゃいましたが。来週は本拠地イギリスグランプリですから、否が応でも気合が入ることでしょう。別に特に応援しているという訳ではないですが、去年レベルの活躍でこの先のレースを盛り上げてほしいものです。

ところで、今年のF1、このフランス・グランプリから5週間で4回のグランプリ、という未だかつて無い忙しいスケジュールになっています。毎週あるのは嬉しいですが、選手もチームも移動が大変ですね。ちゃんと疲れをためないようにして、ミスしないようにしてほしいものです。


今日は平行してテニスのウィンブルドン選手権男子シングル決勝だったのですが、はっきり言ってロジャー・フェデラー(Roger Federer)の圧勝といった感じでした。ぱっと見、どこが凄いのか分からないのに、ふと気付くと勝ってるんですよね、彼。対戦相手のアンディ・ロディック(Andy Roddick)のように、サーブ&ボレーというような得意分野がある選手、というよりは全ての部分でミスをしないタイプの選手ですもんね。今日はそんな感じでスポーツ尽くしの日曜日でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。