So-net無料ブログ作成

スペイン旅行記(6):アントニ・ガウディ [美術・絵画]

バルセロナが誇る天才建築家、といえばアントニ・ガウディ(Antoni Gaudi)。私が今回バルセロナに来たのもずばり彼の作品を見るためです!曲がりくねったライン、有機的な装飾、絶妙な色彩感覚、どれをとっても期待以上に素晴らしかったです。

  

まずは何と言っても街のシンボル、サグラダ・ファミリア教会(Temple de la Sagrada Familia)ですね。トウモロコシ型の塔も8本完成し、既に聖堂の身廊の天井も完成間近でしたが、まだまだ半分以上の工事過程が残っています。最終的には今の倍くらいの高さのドームが建つんですもんね…一応2020年完成予定、と明記してありました。資金が何とかなったのかな?個人的には外壁に神を讃える言葉やそれぞれの聖人の名前が書いてあったり、ガウディの生前に着工された辺りに動物達の彫刻がついていたのが興味深かったです。塔にも歩いて登りました。疲れたけど、正に絶景!ファサードのあちこちにある変な彫刻も間近に見れてとても楽しかったです。

次は皆に石切り場と呼ばれているカサ・ミラ(Casa Mila)。外壁は正に切り出したままの石が波打っていますし、バルコニーの手すりは海に漂うワカメそのものです(笑)が、中はそのごついイメージとは打って変わって曲線とやわらかい色中心の落ち着いた空間。メイド部屋まである豪華マンションでした。う~ん、贅沢!階段だらけだけど眺めの良い屋上からはサグラダ・ファミリアも見えました。

屋上からの眺め。遠くに写っているのがサグラダ・ファミリアです。

 

 

そして、外壁の特異さでは引けをとらないカサ・バトリョ(Casa Batllo)は家全体が海をイメージして作られていて、様々な青と白、曲線が混ざり合った素敵なインテリア。こんな家に住みたい~!実用とデザイン性を兼ね備えた空調システムや窓の大きさなどの計算も正に天才的。屋上の煙突も合理的にまとめられている上、装飾としても美しいモザイクが素敵でした☆

それから、忘れちゃいけないグエル公園(Parc Guell)。何と入り口に名前つきです(笑)有名な波打つベンチは観光客達の憩いの場と化していました。モザイクは思った以上に色々な種類があって、左下の写真は絵付きのお皿をそのままはめ込んだもの。なが~い曲線のベンチにオレンジ、ピンク、青、赤、白、などの色が絶妙に組み合わさったモザイクは、ずっと眺めていても全く飽きませんでした。本当に凄いなぁ、ガウディ。正に惚れ直してしまいましたよ。

 

何故かPar'k' Guellと書いてある…ミススペル?(笑)

    


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

nice! 0

コメント 6

keyaki

お天気がよくてほんときれいですね。
私のパソコンのモニターはマックの液晶なんですけど、本当に美しくきれいに見えるんですよ。ホレボレ
事務所のDELLの安物のウィンドウズのモニターとは大違いです。

"park"は英語ですけど"parque"がスペイン語かな?
"parc"はフランス語?
Kを使ってみたかったのかなぁ、デザイン的に・・・
これはガウディがデザインしたのかなぁ?
もともと公園のはずではなかったんですよね。
粉砕タイルのオブジェとか装飾は弟子のなんとかさんの発想だそうです。ガウディも感心していたそうですヨ。

またまた古い記事をTBさせていただきました。ガウディ絡みということで・・・・
by keyaki (2005-06-24 20:56) 

Sardanapalus

TBありがとうございます。こちらからもTBさせていただきました。

>お天気がよくてほんときれい
バルセロナで2日雨でしたが、それ以外は本当に快晴の日々で、旅行中は暑くてどうかなりそうでしたけど、やっぱり写真になると綺麗で良いですよね♪楽しんでいただけて嬉しいです。

>"parc"はフランス語?
"Parc"がスペイン語のようです。この表札(?)がガウディの作品かはちょっと疑問ですね。

>粉砕タイルのオブジェとか装飾は弟子のなんとかさんの発想
それは知りませんでした。カサ・バトリョのオーディオガイドによると、円形や角の無いものを保護するにはタイルを粉砕してモザイク状にするしかなかったから、デザイン性と実用性を兼ねている素晴らしい発想と紹介されていましたが、弟子のアイディアか~。ま、でもあの独特の色彩センス等はガウディの才能の成せる業でしょうけど。
by Sardanapalus (2005-06-25 03:55) 

itoko

ガウディ、やっぱりいいですねえ!
デザインだけでなく、住んでみたいと感じさせる建物を造っていたところも素敵。
2020年の完成、楽しみですね。
私は無理ですが、ぜひまた行ってレポートして下さい。
by itoko (2005-06-27 09:52) 

Sardanapalus

itokoさん>
ガウディの作品は、モザイクの色彩が実物はとっても綺麗で繊細だったのが一番の発見でした。やっぱり写真じゃ駄目だね~。

>私は無理
いやいや、そんなこと言わず、船かシベリア鉄道使って行けば良いんじゃない!?(笑)それだけの価値はあるよ~。
by Sardanapalus (2005-06-27 17:39) 

ASIS2005

ご無沙汰です。我が家もイースターにバルセロナに行きましたが感動しました。特にバトリョ邸は気に入りました。結婚式などもできるそうですが、本当にこんなところならもう一回くらい結婚してもいいかなと思いますね。(笑)
by ASIS2005 (2005-07-06 06:48) 

Sardanapalus

こちらこそ、ご無沙汰してます。最近忙しいのでコメントできてませんが、毎日覗いては素敵な写真にうっとりさせてもらってます。

>結婚式
へ~知らなかった。あんな会場で結婚出来たら素敵ですね~。こっちで結婚することになったら考えてみようっと(笑)
by Sardanapalus (2005-07-06 07:36) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。