So-net無料ブログ作成
検索選択

ウィーンいろいろ(2):美術館と街歩き [旅行]

ウィーン滞在中、オペラ以外は何をしていたかというと、ずばり美術館巡りです。ウィーン到着後まずは期間限定の特別展を2つハシゴし、その後はお気に入りの美術館の常設展を毎日訪れて、5日間で合計7館に行ってきました。

1. アルベルティーナ美術館(Albertina)「マティスとフォーヴィズム(Matisse and the fauves)」展
マティスが一番著名なので名前が出ていましたが、どちらかというとフォーヴィズムの画家アンドレ・ドラン(Andre Derain)の作品が充実した展示だったように思います。ロンドンの風景画など、魅力のある色彩の絵を楽しめました。


アルベルティーナ美術館


2. 美術史美術館(Kunsthistorischesmuseum)「ルシアン・フロイド(Lucian Freud)」展
収蔵品は古典作品が中心の美術史美術館で、全裸の男女や自画像などを巨大なキャンパスに描いたフロイドの個展を開催していました。個展といっても、美術館の一角の数部屋にフロイドの作品を集めたような形で開催されていて、すぐ隣の部屋にはティツィアーノが見えたりする不思議な雰囲気でした。フロイドの作品をこれだけまとめて見たのは初めてでしたが、質感のある筆遣いに圧倒されました。時間がなくて諦めようかと考えていましたが、無理しても見に行ってよかったです。勿論、その後は美術史美術館の誇る常設展の方も堪能しました。



3. セセッション(Secession)
クリムト詣で第一弾(笑)やはりウィーンに来たらここの「ベートーヴェンフリース」を見ておかなければ落ち着きません。今回はあまり混んでいなかったのでのんびりと見ることができました。

4. 造形芸術アカデミー絵画館(Gemaeldegalerie)
美術学校の中にある、一般公開されている絵画コレクション。お目当てのボッシュの祭壇画がやはり興味深かったです。

5.ベルヴェデーレ美術館(Belvedere)
クリムト詣で第二弾、ということで「接吻」のある上宮だけを見ようと思っていたのですが、下宮から行けるオランジェリーでも中世宗教画の特別展(WIEN 1450 - Der Meister von Schloss Lichtenstein und seine Zeit)をやっているということで、広大な中庭をてくてく歩いて両方をハシゴしました。クリムトの作品は以前訪れた際と展示が変わっていて、大作を集めた部屋は壁も黒くて特別扱いでしたが、ちょっと暗かったかな~。前のようにのんびり楽しめる雰囲気ではなくて、ちょっと残念でした。オランジェリーで行われていた宗教画の展示は、長細いギャラリーをうまく使って展示されていて、充実した内容でした。この日は下宮の美味しいカフェB-Loungeで昼食にしました。お茶の種類も豊富で、軽食もケーキもおいしくてお勧めです☆

6.オーストリア応用美術館(MAK)
装飾品、テキスタイル、工芸品などを集めた美術館で、ウィーン世紀末様式の作品が数多く展示されています。今回は火曜日午後6時以降の入場無料の時間帯を利用しました。展示品だけでなく美術館自体も歴史ある装飾も楽しめました。その後は同じ時期にウィーン旅行をしていた友人と待ち合わせて、そのまま夕食は美術館に併設されているレストランOesterreicher im MAKで美味しくいただきました。

7. レオポルト美術館(Leopold Museum)
クリムト詣で第三弾!ついでにシーレもね、ということで帰国する日の昼間にレオポルト美術館へ。何度も来ていますが、やっぱりここのコレクションはいいですね。特に、シーレの風景画は見逃せません。今回はオスカー・ココシュカ(Oskar Kokoschka)の展覧会Kokoschka - The Self in Focusを開催中でしたので、そちらも覗いてみましたが、今まで見たことのなかった風景画などもあり、新鮮でした。

以上、5年ぶりのウィーンでしたが、今回は気候も穏やかで美術館だけでなく街歩きも楽しめました。ウィーン旅行記の最後に、滞在中に街歩きした際に撮った写真をいくつかご紹介します。


以前後姿をご紹介したモーツァルト像。



結婚の泉


アンカー時計の9時さんと10時さん


ナッシュマルクトの八百屋さん


カフェ・ツェントラル

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ブダペスト日帰り観光 [旅行]


今回のウィーン滞在、ウィーンだけじゃつまらないということで、隣国ハンガリーの首都ブダペスト日帰り電車旅してきました。片道3時間かかりますが、行きは所謂コンパートメント式の年季の入った車両で雰囲気満点、帰りはオーストリアの誇るレイルジェット(Railjet)のモダンな車両でした。

ブダペストに着いてまず向かったのは、王宮のあるブダ地区。王宮、マーチャーシュ教会、漁夫の砦など、観光スポットも固まっている城壁内は可愛らしい雰囲気の建物が多く、ついつい郵便局まで写真にパチリ。王宮の丘からは2分程度のゴンドラを使って降りて、ペスト地区に移動して昼食をとりました。

午後ずっと歩き回ったペスト地区の個人的ハイライトは、パリージ・ウドヴァルという20世紀初頭に建築されたアーケードでした。アールデコの装飾が素晴らしかったですが、大掛かりな補修工事のようなことをしているようで、入り口も1か所以外板が打ち付けられているし、電気もほとんどついてない状態で、本当に入っていいの?という雰囲気。ようやく開いている入り口を見つけて入り込みましたが、暗い中でもガラス天井やタイル張りの内装は楽しめました。本当は美術館の一つにも行きたかったのですが、月曜日でどこも休館でした~。そのかわり街中をあちこちと歩き回り、聖イシュトバーン大聖堂、ハンガリー国立歌劇場などを見た後、英雄広場まで地下鉄で移動し、きれいな夕日を眺めてブダペストを後にしました。なお、ウィーンに戻ってからホテルで少し遅めの夕食をとったのですが、この日は当然!?グラーシュを美味しくいただきました♪久しぶりに訪れた東欧でしたが、独特な雰囲気が感じられて楽しかったです。次は、ポーランドかスロバキアにも行きたいし、またクロアチアにも南下したい…あの辺りは魅力満載の旅先なので、のんびりと訪れたいと思いました。



テーマパークのお城のようなとんがり屋根の漁夫の砦


DSCN2903.JPG
王宮


DSCN2909.JPG
ガオー。門を守るライオンたち。咆哮しているのは珍しいですね。



マーチャーシュ教会。内部は装飾がびっしりでした。



城壁内の街並み。



郵便局。





パリージ・ウドヴァル外観。



パリージ・ウドヴァル内部のガラス天井。



パリージ・ウドヴァル内部の様子。



ハンガリー国立歌劇場。今回はオペラは見ませんでしたが、外観写真はしっかり撮ってきました(笑)



英雄広場。フン族、マジャール人その他歴代の王様の銅像があちこちに建ち並んでいます。



夕暮れのペスト地区。


★おまけ★

これ、ブダペストのあちこちで見かけましたが…お土産に買って帰る人っているのかしら?いえ、可愛らしいですけど…もらっても困りますね(^_^;)

nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ウィーンいろいろ(1):ウィーン世紀末建築 [旅行]


ウィーンの街並みはぶらぶら歩き回るだけでも楽しめますが、今回は大好きな世紀末建築を巡ってみました。その中でも一番印象的だったのは、バスで郊外まで行かないといけないシュタインホフ教会(Kirche am Steinhof)です。以前から行きたいとは思っていましたが、週末の午後しか開いていない上に郊外ということで機会がなかったのですが、今回は友人の勧めもあってようやく見に行くことができました。

最寄りのバス停からは、小高い丘に建つ教会まで徒歩10分ほどです。訪れた日は天気も良く、気持ちのいい散歩でした。教会はオットー・ワーグナー(Otto Wagner)の代表作と言われる通り、シンプルかつ優美なユーゲントシュティールの装飾が素晴らしかったです。窓はすべてコロマン・モーザー(Koloman Moser)が描いたステンドグラスになっていて、そちらも感動的でした。


ファサードの天使



主祭壇



美しいステンドグラス


このほかにも、今回のウィーン世紀末建築巡り(笑)で訪れた建物の一部を以下にご紹介します。リンク沿いのネオルネッサンス~ネオゴシック建築群よりも、断然私好みな建物ばかりです!皆さんもウィーンを旅する際にはぜひ巡ってみてください。


マヨリカ・ハウス(赤い花の方)とメダイヨン・マンション



クリムトの「ベートーヴェンフリーズ」が展示されているセセッションことウィーン分離派会館



セセッションの入口装飾



エンゲル(天使)薬局


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ウィーン行ってきました [旅行]


2014年早々、冬休みをとってウィーンに遊びに行ってきました。ここ最近の旅行記は最後まで書ききれずに尻切れトンボで終わってしまっているのですが、今回は短くまとめて最後まで記事にしたいと思います!書いた記事から下記にリンクしていきますので、よろしくお願いします。


◆ウィーンいろいろ(1):ウィーン世紀末建築
◆オペラ「フィガロの結婚」
◆ブダペスト日帰り観光
◆ウィーンいろいろ(2):美術館と街歩き
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ロンドン旅行記2013:今回は親子二人旅 [旅行]


グリニッジ王立天文台からの眺望

1週間の休暇をとってロンドンへ行ってきました。今回はROHの「エフゲニー・オネーギン」をメインにして旅程を組んだのですが、久しぶりに母と一緒の二人旅ということで、劇場の回数は抑え目にして美術館やロンドンの観光地を巡り、更にはユーロスターでブリュッセルにも日帰りして来ました。ロンドンでお会いした皆さん、久しぶりに楽しくお話できて嬉しかったです。ロンドンは到着して3日ほどはかなり寒かったのですが、その後は雨も少なく比較的暖かで観光するにはぴったりの気候になってくれて助かりました。更新の遅い当ブログは昨年夏のドイツ・オーストリアの旅行記も途中なのですが、今回のロンドンについてはささっと書き切れるように記憶の新鮮なうちに記事にしていきたいと思いますので、のんびりとお付き合いください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ドイツ・オーストリア旅行2012:ローテンブルク・オプ・デア・タウバー [旅行]

DSCN2280.JPG

今回のミュンヘン滞在中に、ロマンティック街道の目玉のひとつ、ローテンブルク・オプ・デア・タウバー(Rothenburg ob der Tauber)に足を伸ばしてみました。電車の便はあまり良くないのですが、ミュンヘンからの1日バスツアーに参加すれば、一人でも気楽に景色を楽しみながら訪れることができます。市街は美しく整備され、家々の窓には花が飾られていて、正にメルヘンチックなイメージそのままの街並みが観光客に大人気なのですが、私のお目当ては、ここの聖ヤコブ教会に置かれている、15世紀にバイエルン地方で活躍したティルマン・リーメンシュナイダーによる聖血祭壇!エルサレム入場~最期の晩餐~ゲッセマネでの祈りを扱った木彫祭壇の傑作で、10年越しの夢がかなってようやく実物を見ることができて大満足でした。祭壇の前でたっぷり時間を使った後は、お昼ご飯を食べてちょっと散歩したらもう集合時間(笑)なんだかあわただしい滞在でしたが、大好きな彫刻家リーメンシュナイダーの最高傑作を堪能できて、幸せな気分でミュンヘンに戻りました。次は、もっと田舎に散らばっているリーメンシュナイダーの作品たちを見にいけるといいなぁ。


DSCN2288.JPG
中心の広場に面した建物と噴水

DSCN2354.JPG
街の周りをぐるりと囲む市壁。半周くらい上を歩けるようになっています。

DSCN2357.JPG
市壁の上から見た聖ヤコブ教会周辺


DSCN2302.JPG
これが聖血祭壇。彫刻は細かい部分まで神経が行き届いている繊細な作品ですが、予想以上に大きい!

DSCN2306.JPG
中央の主題は「最期の晩餐」。手前中央にいるのが裏切り者ユダ。

DSCN2309.JPG
奥のキリストを切なく見上げる(と、私には思える)ユダ。ユダの心の葛藤を表しているようなこの表情が見たかったのです!!

DSCN2312.JPG
ユダの目線から見ると、キリストの冷ややかな目が怖い~。状況が理解できない使途たちの困惑した表情も見所です。

DSCN2296.JPG
聖血祭壇の他に、リーメンシュナイダーの工房で作られた「聖母戴冠」の祭壇もあります。

◆  ◆  ◆

DSCN2335.JPG
ちなみに、こちらはローテンブルクにあるもうひとつのリーメンシュナイダーの作品「フランシスコの祭壇」。フランシスコ会教会(Franziskanerkirche)で無料で見られますので、お好きな方はぜひ。

nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ドイツ・オーストリア旅行2012:ザルツブルク [旅行]


ホーエンザルツブルク城塞から望む街並み

今回は1週間ミュンヘンにホテルをとったのですが、ミュンヘンから日帰りでどこか別の街も訪れたいと考えていたところ、まだ行ったことの無いザルツブルクまで直通列車があることに気付きました。できれば音楽祭と合わせたかったのですが、残念ながらぎりぎり間に合いませんでしたので音楽祭はまた別の機会にゆっくりと楽しませてもらうことにして、今回は世界遺産にも登録されている街並みを見て回りました。



ミュンヘン→ザルツブルクの急行列車。普通は空調のないぼろい車両ですが、こういう2階建ての快適な車両に当たることも(^^)


ザルツブルクはやはり旧市街、なんですがきれいに整いすぎて生活感がないのは世界遺産だから仕方ないか~。


マクドナルドも妙に高級感が漂います(笑)


広場には市場…でも観光客目当ての土産物屋が多いです。

DSCN2176.JPG
レジデンツ前の広場。この日は30度を超える暑さになりました。日差しが眩しい!

DSCN2158.JPG
レジデンツの内装はなかなか豪華。当然ですがモーツァルトがここで○○を初演しました、って部屋ばかり(笑)日本語オーディオガイドがあります。


ホーエンザルツブルク城塞の中庭。日本語では「城」と表記されることも多いですが、雰囲気はやはり「要塞」ですね。


見学できる部屋はほとんどが石造りのままですが、中にはこういう部屋も。


ホールには週末から始まる音楽祭のための客席が準備されていました。

nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ドイツ・オーストリア旅行2012:ミュンヘンで夏休み [旅行]



早めの夏休みをもらって、ミュンヘンに来ています。今のところ好天続きで、気温も涼しくて(寒いくらい)とても過ごしやすいです。週の半ばからは温度も上がり、夏らしくなるそうですが、のんびり一人旅で心も体もリラックスできそうです。

今回は1週間の滞在ですが、久しぶりのミュンヘンだけでなく、ロマンティック街道のローテンブルク(Rothenburg)や、お隣オーストリアのザルツブルク(Salzburg)にも足を伸ばしてみるつもりです。そして、折角バイエルンにいるのだから、ルートヴィッヒ2世の作ったお城の1つくらいは訪れたい…以前雪をかき分けてノイシュヴァンシュタイン城に行った時とは違い、夏のベストシーズンですしね(笑)いつものようにのんびりペースになるとは思いますが、旅行記として順番に記事にしていきたいと思います。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

イギリス旅行記2012:アシュモレアン博物館 [旅行]


今回のイギリス滞在は実質5日だったのでロンドンを離れるのは難しかったのですが、オックスフォード(Oxford)ならば15分間隔で運行している長距離バスで簡単に行けるので7年ほど前に訪れた際に行きそびれたアシュモレアン博物館(The Ashmolean Museum of Art and Archaeology)にだけ(笑)行ってきました。印象としては、大英博物館とヴィクトリア・アンド・アルバート博物館を足して凝縮したような博物館でした。さすがはオックスフォード大学所蔵の資料ですね。上の写真は、名所の一つ、右のパブの看板にあるようにビッグ・トムと呼ばれる鐘があるクライスト・チャーチのトム・タワー(Tom Tower)です。

外見は大英博物館を小さくしたようなアシュモレアン博物館。

2009年に改装された内部は、入場すると大きなホールに巨大な像が。

続きを読む


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ロンドン旅行記2012:極寒のロンドン [旅行]


(また)ロンドンに来ています。今回は短く、1週間の滞在なのですが、既に3日が過ぎてしまいました~。とりあえず、寒いです。ロンドンでマイナス6度なんて聞いたとこがないです(^_^;)イギリス人の友人が、こんなに寒かったことは記憶にないというほど寒い日が続いているので、一度降った雪がなかなか解けなくて観光し辛いです。

一応、お目当てはROHの「フィガロの結婚(Le Nozze di Figaro)」と、ミュージカルレ・ミゼラブル(Les Miserables)」、他劇場関係ですので、順次記事にしていきたいと思っています。…でも、このペースじゃあアップできるのは帰国後かしら?(^_^;)毎回のことですが、気長にお付き合いください。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。