So-net無料ブログ作成
検索選択

日本でマクベス、英語のマクベス [Keenlyside]

先日、2014~2016年のNBSオペラ・フェスティバルの内容が公開されましたが、2015年はロンドンのロイヤル・オペラハウスが「マクベス」と「ドン・ジョヴァンニ」を上演します。これは、どちらも聞きに行きたいですね~。今から貯金しておかないといけません。

「ドン・ジョヴァンニ」はダルカンジェロ、エスポジート、ディドナート、ヴィリャゾンと、スター歌手を揃えてきています。ドンナ・アンナはまだ発表になっていませんが、誰になるか気になりますね。そして、「マクベス」の方はサイモン・キーンリーサイドとリュドミラ・モナスティルスカの夫婦です。演出は、DVDにもなっているロイドのものを持ってくるようですので、柔道着マクベスin日本、ですね~。2つのオペラはどちらもパッパーノが振るそうで、それも楽しみです。キーンリーサイドは前回のロイヤル・オペラ来日公演以来5年ぶりの日本になりますが、今回こそはリサイタルもやって欲しいです。パッパーノ伴奏でどうでしょうかね?

ROHでの公演時のリハーサル映像1


ROHでの公演時のリハーサル映像2


DVD発売元OpusArte製作のハイライト


オペラ丸ごとご覧になりたい方はこちら



そして、またまた「マクベス」ですが、レコード会社Chandosが製作している英語でオペラ(Opera in English)シリーズの「マクベス」を、キーンリーサイドがタイトルロールで録音中とのことです。Blackheath Halls Operaという団体のブログにキャスト詳細が出ています。が、人気歌手はキーンリーサイドくらい…マクダフはカーディフでまずまずのマントヴァ公@リゴレットでしたが、他は知らない名前ばかりです。それに、イタリアのオペラを英語で歌うのはやっぱり無理があるんですよねー。折角のガードナー指揮でのキーンリーサイドの新録音ですが、嬉しいような嬉しくないような、複雑な気持ちです(^_^;)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。