So-net無料ブログ作成

ミュンヘン「冬の旅」(1) [旅行]

無事にミュンヘンから帰ってきました~。今回の旅を一言で言い表すなら、ずばり
「寒かった」(^_^;)

もう、本当に寒かったです~。ロンドンの寒さなんて、甘いですね。久しぶりに盆地の冬という感じの、底冷えする寒さを体験できました。何日も前に降った雪が普通に積み上げられたアイスバーン状の歩道を歩いていると、20分くらいで頭が痛くなってきます。公園なんかは雪かきをしないので、一面ガチガチに凍結したアイスリンク状態(左写真参照)になっていて、ゆっくり散策を楽しむどころの話ではありませんでした!

残念だったのは、今回の滞在1日目が月曜日だったこと!うっかりしていましたけど、ドイツの美術館・博物館は日本同様、ほとんどが月曜休館なのです。ということで、今回行ったのは現代美術中心の展示をするハウス・デア・クンスト(Haus der Kunst)だけ。あのヒットラーが開館したことで有名な美術館ですが、今はアメリカ人写真家リー・フリードランダー(Lee Friedlander)の作品展をやっていました。全く予備知識無しでしたが、アメリカの記念碑や数字や落書きされたメッセージなど、面白いテーマの写真が盛りだくさんで楽しかったです。

その後は、ブログ仲間のヴァランシエンヌさんがベルリン国立歌劇場で参加されたような、バックステージ・ツアーに参加してみました。劇場は勿論ミュンヘンのバイエルン国立歌劇場(Bayerische Staatsoper)です。ツアー内容は、まず劇場の表側(王の間・大シャンデリア等)を一通り紹介して、更にミュンヘンにおけるオペラ劇場の歴史を説明してくれます。それからいわゆるロイヤル・ボックスであるケーニヒスローゲ(Koenigsloge)に座った後、バックステージでは楽屋、ステージ上、奈落と大サービスの案内ぶり。この日は夜の「ドン・ジョヴァンニ」に向けて、正に舞台装置を作っている真っ最中でしたが、あれこれとやりくりして色々と見せてくれました。この段階で演出について分かったのは、とにかく装置全てが「赤い」ということ、黄金の椅子がたくさん出てくること、大きな手の置物もある、ということでした。セットを作る過程を目にした後に、完成した舞台の状態を見るのも面白いものですね。そうでなくても通路の隅に「魔笛」の大蛇「魔弾の射手」の巨大な舞台装置なんかがあったりして、ただ通路を通り抜けるだけでも面白かったです。こんな感じで、ドイツの歌劇場ツアーはバックステージまでしっかり見せてくれるのでオペラ好きなら時間をとって参加することをお勧めします!注)バイエルン国立歌劇場のツアーは団体で予約を入れない限り、ドイツ語のみ写真禁止ですが、見るだけでも楽しめますよ。

その後は夜のオペラ開演まで久しぶりのミュンヘンを歩き回りました。マーケットに行ってみたり、教会の中で寒さを凌いだり(笑)大好きな美術館の数々に行けなかったのは悔いが残りますが、それでも大好きな街でのんびりと過ごす1日は、いいものですね。たとえ極寒でも自然と顔もほころびます(^o^)

そして夜はいよいよオペラ「ドン・ジョヴァンニ」でしたが、絶対に長くなるので明日別の記事にしてアップします。とにかく、どこまでも赤い舞台と、直前までの優雅さのかけらも無い最後の晩餐シーンの落武者(もしくはホームレス)のようなジョヴァンニの印象が強く残った演出でした。いつも仕事の早いsimonkeenlyside.infoの公演ページに、いくつか写真が載ってます。

          
          手づかみでスパゲッティを食べるホームレスジョヴァンニ


nice!(0)  コメント(9)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 9

ヴァラリン

お帰りなさい!!寒かったでしょー(^^;
TB&リンク、ありがとうございました。バイエルンは撮影禁止でしたか(^^;
>滞在1日目が月曜日
ああ~~っ、そういえばそうでしたね(^^; 事前に気がついていれば指摘出来たのに、うっかりしてました。

続きを楽しみにしています。
by ヴァラリン (2006-02-02 09:42) 

Sardanapalus

早速のコメントありがとうございます!寒かったですぅ。ヴァラリンさんのベルリン旅行記でのブーツの話を実感した3日間でした。美術館は残念でしたけど、でもそれはそれ、今回はお城に行ってきましたよ♪その話も記事にしますのでお待ちくださいね。

>バイエルンは撮影禁止でしたか(^^;
はい、残念ですが。お陰でちょっと面白みの無い記事になってしまいましたけど、思いっきり広いバイエルンの舞台上を探検できて面白かったです。
by Sardanapalus (2006-02-02 10:23) 

おかえりなさい♪
またまた見ごたえありそうなドン・ジョですね!騎士長はクルト・モルですか。トビー君も出ていたのですね!サルダナさんのレビュー楽しみにしてます♪
by (2006-02-02 13:35) 

Belle de Nuit

お帰りなさい。読むからに寒そうですね〜。
バイエルンのHPで、赤い舞台と大きな手が凄く気になってました。
そうかぁ、最後はこんな感じなんですかぁ。
次の記事が楽しみです(^^)。
by Belle de Nuit (2006-02-02 14:56) 

Orfeo

Sardanapalusさん、お帰りなさい。
ミュンヘン、寒かったですか・・・。私のところでリンクを貼っているイズミさん(AWAY DAYS DIARY)も最近ミュンヘンに行かれて、州立歌劇場で『アラベラ』をご覧になったそうです。そちらの記事はまだアップされていませんが、こちらでの『ドン・ジョヴァンニ』の話も楽しみにしています。
by Orfeo (2006-02-02 17:36) 

ロンドンの椿姫

おかえりなさい。
帰国の準備で忙しいのに「ドン・ジョバンニ」も書いて、今夜また「フィガロの結婚」があるから大変ですね~。気長に待ってますので無理はしないようにね。

ではSaladanapalusさん最後の夜、一緒に楽しみましょう。フィガロの結婚、なかなかよさそうですよね。
http://ameblo.jp/peraperaopera/
by ロンドンの椿姫 (2006-02-02 19:31) 

Matthew

今夜はどうも。
ロイヤル最後のオペラ(?)楽しめました?
私は、かなり睡眠不足でぼ~としてましたが、
2幕以降は非常に気に入りました。1幕も悪くないと思います。
会社の上司とも最後のオペラでしたので、ちょっと抜けさせて貰いました。
by Matthew (2006-02-03 09:09) 

Sardanapalus

わ~皆さんコメントありがとうございます!寒い中行ってきました。今は日本に帰ってきてドタバタしていてなかなか記事がアップできなくてごめんなさい~。明日くらいには何とかしたいと思っています。どうでもいいですけど、本当に日本は寒いですね(^_^;)

りょーさん>
>騎士長はクルト・モル
>トビー君も
そうなんです!どちらも良かったですよん☆

Belle de Nuitさん>
>読むからに寒そうですね
寒かったですねぇ。でも、そこで極寒気候を体験していたお陰で、寒い日本でも大丈夫です!でも家の中が寒いのは本当に辛い…。

Orfeoさん>
「アラベラ」はかなりマニアックなオペラですよね。私が行ったときはモーツァルト週間という感じで、毎日入れ替わりで豪華キャストのモーツァルトオペラを公演していました。ミュンヘンは羨ましい環境です。
by Sardanapalus (2006-02-05 13:32) 

Sardanapalus

ロンドンの椿姫さん>
>気長に待ってますので
ありがとうございます。オペラの後は無理はせずに、とにかく帰国準備に費やしました。ということで、記事はもうちょっと後になりそうです。

Matthewさん>
>ロイヤル最後のオペラ(?)楽しめました?
私も疲れがたまっていたんですけど、大好きな演出家の演出で楽しかったです!はりきって記事にするつもりでいますよ。
by Sardanapalus (2006-02-05 13:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。